マガジンのカバー画像

文藝春秋digital

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事が読み放題&イベント見放題のサービスで… もっと読む
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュ… もっと詳しく
¥900 / 月
運営しているクリエイター

#フィギュアスケート

浅田真央 ソチ五輪での激励メール 小塚崇彦 100周年記念企画「100年の100人」

フィギュアスケート女子の浅田真央(31)は、金メダルを狙ったソチ五輪で初日16位と出遅れたが、翌日には会心の演技を見せて6位に入賞し、感動を呼んだ。元フィギュアスケート選手の小塚崇彦氏が語る。/文・小塚崇彦(元フィギュアスケート選手) 小塚さん 初めて会ったのは、確か僕が小学2年生、真央が5~6歳の頃です。たまに同じスケートリンクで練習することがあり、母親同士が仲良くなったのがきっかけでした。小さな頃から真央の練習にかける情熱や探求心は人一倍で、僕も刺激を受けました。地元

スキ
17

羽生結弦「人生を変えた東日本大震災からの10年間」

カメラマンの能登直氏はこの10年、羽生結弦が国内外で出場した試合をほとんど撮影し、アイスショーや練習もカバーしてきた。羽生の美しく繊細な動きと豊かな表情をとらえた写真は多くのファンに支持され、これまでに彼の写真集を数冊刊行している。3月11日には『光-Be the Light-』が発売されるが、7150円という高額ながら予約が殺到した。 能登氏がレンズを通して見続けた羽生結弦の10年を語る。 <summary> ▶︎能登さんは、震災後の4月9日に行われた神戸でチャリティー演

スキ
25

羽生結弦の10年 2011-2021

東日本大震災から10年もの間、トップフィギュアスケーター羽生結弦をひとりの写真家が追い続けてきた。羽生が世界中で起こしてきた奇跡をファインダー越しに語る。 写真=能登直

スキ
12

「羽生結弦が僕を高みに連れていく」最大のライバル、ネイサン・チェンの告白。

羽生結弦の最大のライバルというべき存在――それがネイサン・チェンだ。昨年12月に行われたGPファイナルでは、日本が誇る絶対王者・羽生を破り、王者に輝いた。今回、名門イェール大学に通う20歳に独占インタビューを行った。/ネイサン・チェン(フィギュアスケーター) ユヅはプッシュしてくれる「強いライバル」 昨年12月のGPファイナルは、僕にとっても特別な戦いでした。あの大舞台でユヅ(羽生結弦)と戦う機会に恵まれたのは、3シーズンぶりのことだったからです。  フリーの演技終了後の

スキ
130

浅田真央の素顔 / 20枚の秘蔵写真が彩る

フィギュアスケーターの浅田真央さんは、2017年の現役引退後も、精力的に活動を続けている。その可憐な美しさは、今も健在だ。そんな真央さんが、文藝春秋の名物グラビアページ「日本の顔」に登場。誌面で紹介した写真に加え、文藝春秋digital限定で20枚の秘蔵写真を大公開!/写真=杉山拓也(本社) 「日本の顔」 浅田真央・フィギュアスケーター 「スケートには感謝しています。スケートを取ったら、自分には何も残らないから」  2017年に惜しまれつつ引退した真央さん(29)は、翌

スキ
90