文藝春秋digital

ガンプラ、宇宙へ|野口聡一

ガンプラ、宇宙へ|野口聡一

文・野口聡一(宇宙飛行士) ホワイトベースのカタパルトデッキからガンダムが発進する――。そんな「機動戦士ガンダム」のワンシーンが、再現されようとしています。 既にニュースでも報じられていますが、東京オリンピック・パラリンピックの開催に合わせて、ガンダムのプラモデル、いわゆるガンプラが、宇宙空間から応援メッセージを発信する予定になっているからです。 この企画は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)と東京大学、大会組織委員会の共同プロジェクトで、「東京オリンピック・パラリンピッ

スキ
18
武田徹の新書時評――宇宙の広大さと人間の小ささ

武田徹の新書時評――宇宙の広大さと人間の小ささ

評論家・専修大学教授の武田徹さんが、オススメの新書3冊を紹介します。  地平線から上る満月は眼の錯覚もあって巨大に見え、月という天体本来の球形に近く感じられる。思わず見惚れてしまった経験のある人も多いだろう。  そんな月は佐伯和人『月はすごい』(中公新書)によれば可能性の宝庫だという。まず地球に殆ど存在しない鉱物資源が豊富だ。太陽光が一切射さない月面の「永久影」の中は極低温となるので超伝導(電気抵抗がゼロになる)が容易に実現し、地球ではありえない電力の利用法が可能となる等