文藝春秋digital

詩|山崎るり子

詩|山崎るり子

キッチンのテーブルいつも猫はテーブルの上 こちら側に私がいて向こう側にあなたがいる 猫はある日いなくなってしまい 猫のいないテーブルの こちら側に私がいて向こう側にあなたがいる あなたはある日いなくなってしまい あなたがいた向こう側に私がすわると もうだれもいないキッチンのテーブル

スキ
7