マガジンのカバー画像

文藝春秋digital

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事が読み放題&イベント見放題のサービスで… もっと読む
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュ… もっと詳しく
¥900 / 月
運営しているクリエイター

#無観客試合

『文藝春秋digital』2022年6月ラインナップ

■会員限定イベント●6月8日(水) ・新庄剛志「薬物使用」の過去 抜き打ち検査で「陽性」も、詳細は伏せられ、その年に引退―― 鷲田康(ジャーナリスト)+本誌取材班 ●6月10日(金) ・プーチンが最も殺したい男の告白 M・ホドルコフスキー(オリガルヒ・石油会社「ユコス」元代表)「ウクライナ侵攻は彼の個人的な動機から始まった」 ・「性暴力」私は負けなかった 卜田素代香(仮名)「暴行後『証拠が残るからシャワーを』と男が強いてきました」 ・新連載 外事警察秘録②「日本赤軍との闘い

スキ
8

読売巨人軍オーナー特別寄稿|プロ野球、コロナと戦う

史上初のウェブ・オーナー会議による「無観客開幕」の決断。坂本、大城のPCR検査陽性と入院。6月19日の開幕戦。はじめて約4000人の観客を動員した7月10日……プロ野球がコロナと戦った半年の記録を綴った。/文・山口寿一(読売巨人軍オーナー) 山口氏 順調なキャンプが遠い昔のよう早春の宮崎には、巨人、ソフトバンク、オリックス、広島、西武とプロ野球の1軍5球団が集う。今年のキャンプ初日は週末と重なり、例年以上のにぎわいとなった。 宮崎市と日南市のキャンプ地には県外からもファ

スキ
5

プロ野球は国民とともにある。プレーで日本を元気に!|巨人・原辰徳監督

6月19日。予定から約3か月遅れでプロ野球が開幕した。監督復帰1年目の昨年、巨人を5年ぶりのリーグ優勝に導いた原辰徳監督(61)は、新型コロナウイルスの感染拡大でチームの活動がストップする中、開幕に向けてどんな決意で準備をしてきたのか? コロナ禍のなかでのプロ野球の責任と役割を聞いた。/語り・原辰徳(読売ジャイアンツ監督) 取材&構成・鷲田康 原氏 ジャイアンツが先頭に立たなくてはいいにつけ悪いにつけ、私たちプロ野球選手というのは皆さんに見られる立場の人間です。だからこそ

スキ
5

高砂親方ד新大関”朝乃山|師弟対談「横綱を狙います!」

師匠は弟子について「入門した当初は光るものがなかった」と語る。そんな朝乃山は、いかにして大関になれたのか。師弟が明かす、成長の軌跡。/高砂浦五郎×朝乃山英樹(構成・佐藤祥子) 正攻法の相撲高砂 一発で大関取りをものにして、我が弟子ながら「すごいことだ、よくやった」と思うよ。しかも無観客開催という異例の場所でね。俺の大関取りは7度目の挑戦だったかな。もう何度目だか忘れちゃったくらいだよ(笑)。 朝乃山 無観客開催と聞いてから、やるからには、気持ちを切り替えて自分の相撲を取る

スキ
19

大相撲春場所 戦後初の「無観客場所」潜入日記

戦後初となった大相撲の「無観客」での開催。議論を重ねた末の日本相撲協会の決断だった。緊迫感さえも漂う15日間に相撲ライターが密着同行取材。 会場に潜入すると、静まりかえった場所に行司の声が響いていた……/文・佐藤祥子(相撲ライター) 戦後初の「無観客開催」 浪速の地で、令和初となる大相撲春場所。コロナウイルスの感染拡大で通常開催をあきらめた日本相撲協会は議論を重ね、3月1日、無観客での開催を決断した。約650名の力士、約100名の親方、行司、床山、呼出しら約150名、若者頭

スキ
12

【東京都の新型コロナウイルス対策】小池百合子都知事「すべての疑問に答えます」

新型コロナウイルスの感染拡大、東京五輪の延期……我々は未知の脅威に対峙しています。来年の五輪に向けて、開催都市である東京がウイルスに打ち勝つ姿勢を必ず見せなければならない。これからお話しすることは、私の都知事としての決意です。/文・小池百合子 2つのヴィクトリーまずは東京五輪・パラリンピックの話からいたしましょう。 3月24日夜、総理公邸で行われた安倍晋三総理とトーマス・バッハIOC会長の緊急電話会談で「遅くとも来年夏までの開催」という方針が正式に決定となりました。大会中

スキ
19