文藝春秋digital

子どもと学ぶ日本語の奥深さ|森顕子

子どもと学ぶ日本語の奥深さ|森顕子

文・森顕子(NPO法人プラス・エデュケート理事長) 私の住む愛知県は製造業が盛んで、ずっと前から外国人労働者を多く受け入れています。そのような方々の子どもに日本語を教えるのが私の仕事です。 大学時代、日本語教育について学んだものの、直接関係のない塾講師を経て高校の非常勤講師の職に就いていた15年ほど前のことです。日本には多くの定住外国人がいるにもかかわらず、その子どもたちへの教育環境、とりわけその基礎となる日本語教育の環境が未だ整っていないことを知りました。外国の方を身近

スキ
9