文藝春秋digital

父・渡部恒三|渡部恒雄

文・渡部恒雄(笹川平和財団上席研究員) 渡部恒三氏 先日、父、渡部恒三が88歳で他界した。晩年、父は自分を「人に恵まれた」と繰り返し語っていたが、確かにそのとおりだったと思う。そのような父を持ったことで、私自身、現在のシンクタンク研究者という仕事と巡り合い、その人脈から多大な恩恵を受けてきた。今回、多くの方々に父の評伝を温かく書いていただき、それを再認識している。 シンクタンク研究者というのは、学者の端くれではあるが、大学研究者のように学問を究めるのが目的ではない。社会

スキ
12