文藝春秋digital

「見えない不安」に「心の抗体」を|五木寛之

「見えない不安」に「心の抗体」を|五木寛之

人は「感染防止」と「経済」だけに生きるにあらず――。1年2年で収束するものでもないコロナの流行を前にして、いかに「孤独」と向き合うべきか。著書に『孤独のすすめ』がある、五木寛之さんは「究極のマイナス思考」を提唱する。/五木寛之(作家) 肺と心の病 生きている間に、まさか自分が、こんな事態に遭遇するとは思いもしませんでした。 緊急事態宣言のもと、映画館が閉鎖されたのは空前のことです。太平洋戦争の真っ只中であっても、映画館が閉まったことなどありません。 東京が「憧れの対象

27