文藝春秋digital

武田徹の新書時評|異形の怪物の歴史

武田徹の新書時評|異形の怪物の歴史

評論家・専修大学教授の武田徹さんが、オススメの新書3冊を紹介します。 異形の怪物の歴史 サブカルに疎い人でもシリーズ完結作となる新作『シン・エヴァンゲリオン劇場版 :||』が公開され、話題を呼んでいる程度は知っているだろう。1995年にTVアニメとして最初の“エヴァ”が始まった時、敵キャラの“分かりにくさ”が鮮烈な印象を残した。それまでの特撮やアニメに登場する敵は人間と似た姿で、宇宙から来たはずなのに日本語を話したりするが、エヴァでは意志の有無どころか生物かどうかも不明な、

6