マガジンのカバー画像

文藝春秋digital

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事が読み放題&イベント見放題のサービスで… もっと読む
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュ… もっと詳しく
¥900 / 月
運営しているクリエイター

#投資

『文藝春秋digital』2022年6月ラインナップ

■会員限定イベント●6月8日(水) ・新庄剛志「薬物使用」の過去 抜き打ち検査で「陽性」も、詳細は伏せられ、その年に引退―― 鷲田康(ジャーナリスト)+本誌取材班 ●6月10日(金) ・プーチンが最も殺したい男の告白 M・ホドルコフスキー(オリガルヒ・石油会社「ユコス」元代表)「ウクライナ侵攻は彼の個人的な動機から始まった」 ・「性暴力」私は負けなかった 卜田素代香(仮名)「暴行後『証拠が残るからシャワーを』と男が強いてきました」 ・新連載 外事警察秘録②「日本赤軍との闘い

スキ
4

日経平均3万円は通過点か、バブル崩壊の予兆か——米国株はメジャー、日本株はガラパゴス|成毛眞

株価は3万円台を回復。でもそれで喜んでいいのか。/文・成毛眞(元日本マイクロソフト社長) <summary> ▶︎結局、株を買うしかない。だから株価が上がるんだ、というのが、一応の説明にはなっているが、いずれにしろ、これは一過性の現象だと見ている ▶︎どうやって資金をつくるかと考えたときに、20年後が予測できる米国株への投資が有力な選択肢 ▶︎日本株は今後上昇を続けるにはいろいろなネックがあり、さらに個別銘柄となると政治リスクの影響は大きくなる 日経平均3万円は一過性 2

スキ
19

国税OBが教える「相続」 誰もがはまる相続の「落とし穴」とは?

税務署は忘れた頃にやって来る。たとえ少額でも、申告漏れがあれば、追徴課税される可能性がある。そんな時、どうしたらいいのだろうか?/文・坂田拓也(ジャーナリスト)

スキ
2

経済評論家の山崎元が教える「買ってはいけない投資信託&保険」

大切な資産を人に運用させるのには当然金がかかる。「手数料ほどバカバカしいものはない」と山崎さんは語る。リスクを抑え、正しい投資を実践しよう/文・山崎元(経済評論家)

スキ
6

年金と運用「職業別」18のシンプル・ルール

「もはや年金だけには頼っていられない。とはいえ、自己資産はそこまでないし…どうすればいいの?」こういう悩みを抱えている人は多いはず。また、退職金を投資に回して大失敗したという話もよく聞くだろう。だが、老後資金は増やすも減らすもあなた次第だ。そして、成功に導くためのルールも極めてシンプルなのだ。/文・田村正之(日本経済新聞編集委員)

スキ
2

芥川賞作家・羽田圭介が教える「僕の投資術」

「投資の事始めは“読書”から」と羽田さんは語る。23歳で専業作家になって生活への不安を感じるようになった羽田さんは、試行錯誤の末に、自分なりの投資術を身につけたという。投資に失敗しないコツを特別に伝授してくれた。/文・羽田圭介(作家)

スキ
6