文藝春秋digital

同級生交歓|慶應義塾高等学校 平成元年卒

同級生交歓|慶應義塾高等学校 平成元年卒

人の一生を左右するのは校風か、学歴か、友人か。意外な組み合わせ、納得の顔ぶれが並ぶ“誌上同窓会”。「文藝春秋」の名物グラビア企画です。 東京都千代田区 日本交通本社にて(撮影・松本輝一) (右から) 全国ハイヤー・タクシー連合会会長 川鍋一朗 衆議院議員 高村正大 著述家 山口周一学年18クラス・853名のマンモス高は、実社会の縮図だった。「自分の頭で考える」福沢諭吉の精神は、我々3人に共通する「B型・多動性」の性格に妙にマッチしたのだろう。高校時代から洞察力の塊だった山

スキ
6