文藝春秋digital

スープ作家の有賀薫さんが教える 「コロナに負けない体を作るスープ」

スープ作家の有賀薫さんが教える 「コロナに負けない体を作るスープ」

コロナウイルスの影響で外出も難しい今、家でスープを作ってはどうでしょうか。栄養バランスの取れたスープを食べれば体調も整いやすく、暖かな食事は気持ちをホッとさせます。そんなスープのレシピを、『朝10分でできる スープ弁当』などの書籍が人気の有賀薫さんにご紹介いただきました。/文・有賀薫(スープ作家)、写真=志水隆 有賀氏 スープと健康 「新型コロナウイルスにあおさ海苔が効く」というデマが流れたことがあったのを覚えていますか?いかにも怪しい話で、信じる人なんているのかと思い

スキ
41
スープと現代|有賀薫

スープと現代|有賀薫

文・有賀薫(スープ作家)  きっかけは、朝に弱い受験生の息子だった。「起きなさい!」と叫ぶのに疲れ、ある朝めざましがわりに作ったスープがミラクルを起こす。息子がむくりと起きてきたのだ。それ以来、毎朝ずっと作り続けて、もう8年になる。「スープ作家」という冗談のような肩書きもそのまま、50を過ぎてスープの先生。予想外の人生を歩み始めた。息子はすでに社会人になり、家を出ている。  いざ仕事にしてみると、単においしいスープを作ればいいという話でもなかった。スープの定番といえば、ポ

スキ
20