文藝春秋digital

詩ーー十田撓子【全文公開】

静かな木 かれは眠っている 坐ったまま眠っている 喉を締め上げられて 漆を少しずつ流し込まれて かれは眠りながら声を失っていた 夏が終わる ま…