文藝春秋digital

海外セレブはなぜ禅にはまるのか 枡野俊明
+5

海外セレブはなぜ禅にはまるのか 枡野俊明

禅の指導者として世界各国を巡る僧侶が見た「恵まれた人」たちの悩みとは。/文・枡野俊明(曹洞宗徳雄山建功寺住職) 枡野氏 心の問題への関心の高まり 「禅(Zen)」という言葉が、柔道や空手と同じような国際語になったと感じる機会が増えました。 私が12年前に日本語で書いた本『禅、シンプル生活のすすめ』(三笠書房)は、2019年、イギリス最大手の出版社ペンギン・ブックスから英語版が出ました。反響は大きく、同社のグループには、すでに約30か国語の翻訳の申し込みが入っているそうで

スキ
36
“京大卒の医師”はなぜ放浪の果てにタイ森林派の僧侶になったのか

“京大卒の医師”はなぜ放浪の果てにタイ森林派の僧侶になったのか

ヨーロッパを代表する僧院で修行する日本人僧侶、アチャン・ニャーナラトー。彼が多くの人を引きつける理由とは。/文・佐々涼子(ノンフィクション作家) <この記事のポイント> ●アチャン・ニャーナラトーは、本名は中尾茂人といい、イングランド南東部チルターンヒルズにある「アマラワティ僧院」で修行する日本人僧侶 ●ニャーナラトーは、京都大学出身。医師免許を取得しながらも、アジア諸国を放浪の末にタイ森林派の寺に辿り着いた ●定期的に日本に帰国して、各地で瞑想指導や法話を行うニャーナラト

スキ
51