マガジンのカバー画像

文藝春秋digital

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事が読み放題&イベント見放題のサービスで… もっと読む
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュ… もっと詳しく
¥900 / 月
運営しているクリエイター

#大女優

『文藝春秋digital』2022年6月ラインナップ

■会員限定イベント●6月8日(水) ・新庄剛志「薬物使用」の過去 抜き打ち検査で「陽性」も、詳細は伏せられ、その年に引退―― 鷲田康(ジャーナリスト)+本誌取材班 ●6月10日(金) ・プーチンが最も殺したい男の告白 M・ホドルコフスキー(オリガルヒ・石油会社「ユコス」元代表)「ウクライナ侵攻は彼の個人的な動機から始まった」 ・「性暴力」私は負けなかった 卜田素代香(仮名)「暴行後『証拠が残るからシャワーを』と男が強いてきました」 ・新連載 外事警察秘録②「日本赤軍との闘い

スキ
4

小説「ミス・サンシャイン」# 4|吉田修一

【前号まで】 昭和の大女優・和楽京子こと石田鈴の元で荷物整理のアルバイトをする大学院生の岡田一心は、彼女の作品を共通の話題にして、カフェの女性店員と交流を深めていく。肉体派女優と呼ばれた和楽京子は巨匠・千家監督の目に留まり、後に世界を席巻する『竹取物語』に出演した。 ★前回の話を読む。 ★最初から読む。 凱旋帰国 一九五〇年代のことである。その年、日本映画界はもちろん、まだ敗戦の色濃い日本全土を歓喜の渦に巻き込むニュースが駆け巡る。  和楽(わらく)京子を主演に迎え、千

スキ
7

新連載小説「ミス・サンシャイン」#3|吉田修一

【前号まで】 昭和の大女優・和楽京子こと石田鈴の元で荷物整理のアルバイトをする大学院生の岡田一心は、物置部屋で見つけた評伝の表紙を飾る鈴の姿に目を奪われた。手伝いにきた元マネージャーの市井昌子から鈴の女優時代の「呼吸」について聞かされ、鈴の演技に興味をひかれていく。 ★前回の話を読む。 ★最初から読む。

スキ
7

新連載小説「ミス・サンシャイン」#2|吉田修一

【前号まで】 大学院生の岡田一心は、ゼミの担当教授である五十嵐先生に紹介されて、昭和の大女優・和楽京子こと石田鈴の自宅で荷物整理などのアルバイトをすることに。見事な白梅が飾られたヴィンテージマンションで説明を受けた一心は、その後、鈴が物置に使っている部屋に向かった。 ★前回の話を読む。

スキ
11