文藝春秋digital

小説「ミス・サンシャイン」# 4|吉田修一

【前号まで】 昭和の大女優・和楽京子こと石田鈴の元で荷物整理のアルバイトをする大学院生の岡田一心は、彼女の作品を共通の話題にして、カフェの女性店員と交流を深めていく。肉体派女優と呼ばれた和楽京子は巨匠・千家監督の目に留まり、後に世界を席巻する『竹取物語』に出演した。 ★前回の話を…

新連載小説「ミス・サンシャイン」#3|吉田修一

【前号まで】 昭和の大女優・和楽京子こと石田鈴の元で荷物整理のアルバイトをする大学院生の岡田一心は、物置部屋で見つけた評伝の表紙を飾る鈴の姿に目を奪われた。手伝いにきた元マネージャーの市井昌子から鈴の女優時代の「呼吸」について聞かされ、鈴の演技に興味をひかれていく。 ★前回の話を…

新連載小説「ミス・サンシャイン」#2|吉田修一

【前号まで】 大学院生の岡田一心は、ゼミの担当教授である五十嵐先生に紹介されて、昭和の大女優・和楽京子こと石田鈴の自宅で荷物整理などのアルバイトをすることに。見事な白梅が飾られたヴィンテージマンションで説明を受けた一心は、その後、鈴が物置に使っている部屋に向かった。 ★前回の話を…