文藝春秋digital

分科会医師が見た「第三波」と「夜の街」 コロナとの“上手な向き合い方”

分科会医師が見た「第三波」と「夜の街」 コロナとの“上手な向き合い方”

東京の感染症医療をリードする医師が感染急拡大の背景と「夜の街」の実情を語る。/文・今村顕史(都立駒込病院感染症科部長) <この記事のポイント> ▶︎新型コロナの特徴は、「悪化するスピード」と「感染が広まるスピード」という“2つのスピード”だ ▶︎臨床の現場がかかえる問題は、ベッド数よりも人員である ▶︎感染拡大を防ぐカギの一つが、“急所”とみられてきた歓楽街との向き合い方 今村医師 医療崩壊のリスクが高まっている 新型コロナウイルス感染症の感染者が増え、それに伴って重症

スキ
24