文藝春秋digital

3
記事

自著映画化始末――南木佳士

文・南木佳士(作家・医師)  昭和が終わる年の1月に第100回芥川賞を受賞した。すると、すぐに映画化の話が持ち込まれた。自作が映画になるなんて夢の...

老境にありて――仲代達矢

文・仲代達矢(俳優)  写真・©「帰郷」時代劇パートナーズ  昨年春、私の役者人生は68年目を迎えました。役者としての晩年を意識しながら主人公を...

おっさんずラブ&あな番 俳優・田中圭が「35歳のブレイク」を語った

「どうして自分は急にこんなことになったのか」と自問自答している。でも、このタイミングには何らかの意味がある。20代で今みたいな注目を受けていたら...