マガジンのカバー画像

文藝春秋digital

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事が読み放題&イベント見放題のサービスで… もっと読む
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュ… もっと詳しく
¥900 / 月
運営しているクリエイター

#文藝春秋digitalウェビナー

『文藝春秋digital』2022年6月ラインナップ

■会員限定イベント●6月8日(水) ・新庄剛志「薬物使用」の過去 抜き打ち検査で「陽性」も、詳細は伏せられ、その年に引退―― 鷲田康(ジャーナリスト)+本誌取材班 ●6月10日(金) ・プーチンが最も殺したい男の告白 M・ホドルコフスキー(オリガルヒ・石油会社「ユコス」元代表)「ウクライナ侵攻は彼の個人的な動機から始まった」 ・「性暴力」私は負けなかった 卜田素代香(仮名)「暴行後『証拠が残るからシャワーを』と男が強いてきました」 ・新連載 外事警察秘録②「日本赤軍との闘い

スキ
4

【7月8日(金)19時~】成田悠輔×先崎彰容 「『22世紀の民主主義』に希望はあるか」

◆機能不全に陥った「民主主義」 文藝春秋digitalは、7月8日(火)19時〜、経済学者の成田悠輔さんと、批評家の先崎彰容さんによるオンライン対談イベント「『22世紀の民主主義』に希望はあるか」を開催します。 《視聴はこのページ下部よりお申込みいただけます》 7月6日に、成田悠輔さんによる新刊『22世紀の民主主義』が発売されます。成田さんは「若者が選挙に行って『政治参加』したくらいでは日本は何も変わらない」と書き、同書の中で「選挙や政治、そして民主主義というゲームのルー

スキ
14

【フル動画】浜崎洋介×與那覇潤「《紀尾井町床屋政談》ゆでガエル日本『戦後は続くよ選挙後も?』」

◆いま「戦後」と「平成」を問い直す 文藝春秋digitalは、7月5日(火)19時〜、文芸批評家の浜崎洋介さんと、評論家の與那覇潤さんによるオンライン対談イベント「《紀尾井町床屋政談》ゆでガエル日本 戦後は続くよどこまでも」を開催しました。 《ページの下部に対談フル動画があります》 7月10日に投開票が予定されている第26回参議院総選挙。衆院解散がない限り、大型の国政選挙が2025年までなく、今後3年間の日本社会の行方を占う選挙ですが、一部ジャーナリストからは「自民党圧勝

スキ
4

【フル動画】小泉悠×高橋杉雄「ウクライナ侵攻『超マニアック』戦場・戦術解説」

◆ウクライナ戦争徹底分析 文藝春秋digitalは、6月28日(火)19時〜、東京大学専任講師の小泉悠さんと、防衛研究所防衛政策研究室長の高橋杉雄さんによるオンライン対談イベント「ウクライナ侵攻『超マニアック』戦場・戦術解説」を開催しました。 《ご視聴はこのページ下部からお申し込み頂けます》   ロシアによるウクライナ侵攻がはじまってから4カ月以上が経過しました。当初はロシア軍がウクライナの首都・キーウを数日で陥落させると見られていましたが、大方の予想に反して苦戦し、戦争

スキ
74

【7月15日(金)19時~】小説家・真山仁 直伝!〝短い言葉で人の心を動かす〟文章術

 文藝春秋digitalは、7月15日(金)19時〜、小説家・真山仁さんによるオンライン講座「〝短い言葉で人の心を動かす〟文章術」を開催します。 《ご視聴はこのページ下部からお申し込み頂けます》  真山さんは、中部読売新聞(のち読売新聞中部支社)の記者、フリーライターをへて、2004年『ハゲタカ』で小説家デビュー。以降、地熱発電、東日本大震災、宇宙開発、選挙、再生医療など、様々な社会問題を取材し、エンターテイメント小説として世に送りだし続けています。昨年には、自身初となる

スキ
31

【フル動画】石破茂×神山典士「『少しの稼ぎでカネが余る』都心に近いイナカで幸せに生きる方法」

文藝春秋digitalは、6月20日(月)、衆議院議員で初代地方創生大臣を務めた石破茂さんと、ノンフィクション作家の神山典士さんによるオンライン対談イベント「『少しの稼ぎでカネが余る』都心に近いイナカで幸せに生きる方法」を開催しました。 《ご対談動画はこのページ下部にあります》 神山さんは、文春新書から『トカイナカに生きる』(6月20日刊)を上梓したばかりです。「トカイナカ」とは「トカイ」と「イナカ」を合わせた造語で、都心から1時間~1.5時間エリアを指します。 同書で

スキ
10

【フル動画】北村滋×三浦瑠麗「前国家安全保障局長に聞く 重信房子、日本赤軍との闘い」

◆この国の安全保障を問う  文藝春秋digitalは、6月20日(月)20時〜、前国家安全保障局長の北村滋さんと、国際政治学者の三浦瑠麗さんによるオンライン対談イベント「前国家安全保障局長に聞く 重信房子、日本赤軍との闘い」を開催しました。 《対談はこのページ下部にあります》  北村さんは内閣情報官をおよそ8年、国家安全保障局長を2年ほど務め、日本のインテリジェンスを支えてきた存在です。2014年に施行された特定秘密保護法の制定、国家安全保障局(NSS)の発足など日本の情

スキ
16

【フル動画】中島岳志×斎藤幸平「保守vs.コミュニズム 性善説は世界を救うか?」

◆イデオロギーの対立を超えて 文藝春秋digitalは、6月2日(木)19時〜、東京工業大学教授の中島岳志さんと、東京大学大学院准教授の斎藤幸平さんによるオンライン対談イベント「保守vs.コミュニズム『性善説は世界を救うか?』」を開催しました。 《フル動画はページ下部にあります》  コロナ危機やウクライナ侵攻、広がり続ける貧富の格差、そして気候変動。いま、私たちが生きる世界は激しい変化に見舞われています。既存の社会システムでは、もはや世界はうまく回らないのではないか。私た

スキ
37

【フル動画】小泉悠×片渕須直 対談「『この世界の片隅に』から“ウクライナ”を考える」

◆“虚構”と“戦争”文藝春秋digitalは、5月31日(火)19時〜、東京大学専任講師の小泉悠さんとアニメーション監督の片渕須直さんによるオンライン対談イベント「『この世界の片隅に』から“ウクライナ”を考える」を開催しました。 《フル動画はページ下部にあります》 片渕須直さんが監督を務め、2016年に63館で公開されると、1133日間も続く異例のロングラン上映となったアニメ映画『この世界の片隅に』(原作マンガ:こうの史代)。戦時中に広島市から呉市へと嫁いだすず(声・のん

スキ
135

【フル動画】大澤真幸×太田啓之 対談「シン・ウルトラマンと日米安保」

◆「ネタバレあり」の徹底議論 文藝春秋digitalは、5月25日(水)19時〜、社会学者の大澤真幸さんと朝日新聞記者の太田啓之さんによるオンライン対談イベント「シン・ウルトラマンと日米安保」を開催しました。 《ページ下部にフル動画があります》 5月13日、庵野秀明総監修・脚本、樋口真嗣監督の映画『シン・ウルトラマン』が公開されました。学生時代、自らウルトラマンを演じた自主制作映画「帰ってきたウルトラマン マットアロー1号発進命令」を撮っている庵野さんと『シン・ゴジラ』同

スキ
22

【フル動画】安田峰俊×高口康太「《中国のリアル》習近平に民の怒りが沸騰中」

◆“ゼロコロナ”の失策? 文藝春秋digitalは、5月26日(木)19時〜、ジャーナリストの高口康太さんとルポライターの安田峰俊さんによるオンライン対談イベント「《中国のリアル》習近平に民の怒りが沸騰中」を開催しました。 《対談フル動画はこのページ下部よりご覧頂けます》 2022年4月、中国の輸出入総額は前年同月比2.1%増となり、2020年6月以来の低調となりました。背景には、中国政府による「ゼロコロナ」施策がもたらした、物流など現場の混乱があると見られています。

スキ
11

【フル動画】浜崎洋介×與那覇潤「《紀尾井町床屋政談》ロシアの戦争とわれらの憂国」

◆日本人の戦争観を問い直す 文藝春秋digitalは、5月24日(火)19時〜、評論家・與那覇潤さんと文芸批評家・浜崎洋介さんによるオンライン対談イベント「《紀尾井町床屋政談》ロシア戦争とわれらの憂国」を開催しました。 《このページ下部に対談フル動画があります》 5月8日、日本を含むG7諸国はオンライン首脳協議において、ロシア産石油の輸入を禁止することで一致しました。ウクライナ侵攻以後、日本は欧米と足並みを揃える形で、ロシアへの制裁を課しています。 與那覇さんは自由民主

スキ
16

【フル動画】直木賞作家・今村翔吾氏インタビュー「戦国武将のハイブリッド戦争」幸村とゼレンスキー大統領のイメージ戦略

月刊「文藝春秋」では、「戦争と希望」をテーマに、直木賞作家・今村翔吾さんにインタビューを行いました(聞き手・新谷学編集長、3月30日収録)。 《インタビュー動画はこの記事の最下部にあります》 「戦争をしているのは『人』なのだと改めて感じました」 最新刊『幸村を討て』を含めて、さまざまな「戦」を書いて来られた今村さんへのインタビューは、激化するロシアのウクライナ侵攻の話題からスタートしました。 情報戦の歴史「ウクライナの人々の、故郷やそこに住む家族、友だち、恋人を思う熱

スキ
11

【フル動画】小泉悠×砂川文次 対談「ロシアを巡る『虚』と『実』」

◆“ロシアと戦う”「小隊」 文藝春秋digitalは、5月16日(月)19時〜、東京大学専任講師の小泉悠さんとの作家の砂川文次さんによるオンライン対談イベント「ロシアを巡る『虚』と『実』」を開催しました。 《ご対談動画はこのページ下部にあります》 「ブラックボックス」で第166回芥川龍之介賞を受賞した砂川さんですが、その前作「小隊」は北海道に上陸したロシア軍と自衛隊が繰り広げる戦闘行為が描写された作品です。 若き小隊長の視点から描かれる同作では、元自衛官である砂川さんの

スキ
64