文藝春秋digital

俳句|山田耕司

俳句|山田耕司

さるぐつわ 数へ日をバターぼんやりパンに溶け 人さまに殺されてゐる昼の咳 休憩終了つめたき紙に飴を吐き 矢印のままに地下へと人の冬 ゆく年の耳なら咬んでいいですか 淑気かなマスクの列に猿轡 をぢさんのおつぱい豊かなり初湯

スキ
10