マガジンのカバー画像

文藝春秋digital

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事が読み放題&イベント見放題のサービスで… もっと読む
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュ… もっと詳しく
¥900 / 月
運営しているクリエイター

#手嶋龍一

『文藝春秋digital』2022年6月ラインナップ

■会員限定イベント●6月8日(水) ・新庄剛志「薬物使用」の過去 抜き打ち検査で「陽性」も、詳細は伏せられ、その年に引退―― 鷲田康(ジャーナリスト)+本誌取材班 ●6月10日(金) ・プーチンが最も殺したい男の告白 M・ホドルコフスキー(オリガルヒ・石油会社「ユコス」元代表)「ウクライナ侵攻は彼の個人的な動機から始まった」 ・「性暴力」私は負けなかった 卜田素代香(仮名)「暴行後『証拠が残るからシャワーを』と男が強いてきました」 ・新連載 外事警察秘録②「日本赤軍との闘い

スキ
4

「ロシアの暗黒史」手嶋龍一 今月買った本

ロシアの暗黒史ウクライナで残虐な戦争を続けるプーチンにとって最大の権力基盤であるFSB(連邦保安庁)でいま異変が起きている。ロンドン・タイムズ紙はウクライナの諜報を担うFSB第五局の150人が職を解かれ、ベセダ局長は先々月自宅に軟禁された後、収監されたと報じた。短期でウクライナ制圧は可能だと分析したFSBの報告がプーチンの判断を誤らせたとして責任を問われたのだろう。 情報コミュニティに精通するロンドン・タイムズ紙は、今回の追放劇を1930年代の惨劇にダブらせて“スターリン流

スキ
11

手嶋龍一さんが今月買った10冊の本

名品が詰まった福袋最近の出版界には好もしい潮流が見られる。いまいちど読み返してみたい、これまで読まずにいた、そんな名品をアンソロジーや選集に編んで次々と文庫化するようになった。 新しい著者が手がける新刊は未知の魅力に溢れている。だが、期待を裏切られることも珍しくない。その点、時の風雪に耐えて生き残った著作には、故宮博物院やルーブル美術館の収蔵品を鑑賞するような信頼感がある。しかも、決まって新たな発見がある。開高健の『葡萄酒色の夜明け』や『金子光晴を旅する』といった文庫本は、

スキ
9

100年後まで読み継ぎたい100冊 手嶋龍一「中国を見つめる眼力」

文・手嶋龍一(外交ジャーナリスト・作家) 中国を見つめる眼力「中国の世紀」——100年後に人々は21世紀を振り返ってそう呼ぶことだろう。阿片戦争で無惨に敗れた国はいま、海洋・宇宙大国として蘇った。半植民地の隷属から世界の覇者を目指す「習近平の中国」を隣国から見つめてきたニッポンの眼力は他を圧している。 武田泰淳が『司馬遷―史記の世界』で示した中国文明への洞察の深さは恐ろしいほどだ。「司馬遷は生き恥さらした男である」という有名な書き出しで始まる評伝は、不世出の歴史家の内奥を

スキ
5

手嶋龍一さんが今月買った10冊の本

想定不能の危機に備えるわれわれは「習近平の中国」にどう向き合えばいいのか。21世紀の国際社会に突き付けられた難問である。「メルケルのドイツ」は、ウイグルへの人権抑圧を非難しながら、巨大な利益をこの国から引き出そうとしてきた。だが、共産党政権が結党100年を機に「中華民族の偉大な復興」を唱え、中国主導の生産システムに欧州各国を組み込もうとするに及んで、安易な政経分離など通用しないと覚ったはずだ。 柯隆の『「ネオ・チャイナリスク」研究』は、中国の素顔を遠近両方から精緻に描ききっ

スキ
9

手嶋龍一さんが今月買った10冊の本

量子暗号が世界を支配する われわれの頭上に「墨子」がいて、情報世界の覇者として君臨している――その事実をどれだけのひとが知っているだろう。2016年8月、中国は量子科学衛星「墨子」を世界に先駆けて打ち上げた。最先端の量子暗号システムを備えて盗聴・傍受を封じ、軍事・金融分野での極秘通信を可能とした。まさしく「21世紀のスプートニク・ショック」だった。冷戦期に人工衛星の打ち上げでソ連に先んじられたアメリカは直ちに反転攻勢に出た。だが「トランプのアメリカ」は手を拱いて中国の独走を許

スキ
9

コロナ下で読んだ「わたしのベスト3」 疫病というメタファー|手嶋龍一

コロナ・ウイルスは、尊い人命を奪い去り、大統領選びにも影を落として合衆国に深い亀裂を生じさせた。南北戦争の危機に直面したリンカーンは「分かれたる家は立つこと能わず」と訴え、祖国の分裂を避けるためなら、至高の信念である奴隷解放の歩みさえ遅らせた。だが、異形の大統領トランプは、リンカーンの国を「2つのアメリカ」に塗り替えてしまった。 西側の盟主アメリカは、ケナンを擁して壮大な対ソ戦略を立案させた。『ジョージ・F・ケナン回顧録』は、対ソ封じ込め戦略を提唱した戦略家の一瞬の栄光とそ

スキ
11

手嶋龍一さんが今月買った本10冊の本

トランプ治世への警告本稿が刷りあがる頃には、米大統領選挙の結果が判明しているはずだ。だが開票を巡って訴訟合戦となり混乱に陥っているかも知れない。たとえどんな結果になろうと、トランプが米国の民主制に負わせた傷は深く、容易には癒えないだろう。異形の大統領は、「ジャスティス」の旗を掲げて建国されたこの国の威信を粉々に打ち砕いてしまったのである。

スキ
12

【全文公開】ニッポンにかかる人々ありき 手嶋龍一さんの「わたしのベスト3」

外交ジャーナリストの手嶋龍一さんが、令和に読み継ぎたい名著3冊を紹介します。  日韓が領有を争う竹島の上空を中ロの両軍機が雁行して飛んだ――。東アジアの情勢は年ごとに烈しさを増し、令和の日本を取り巻く地政学は姿を変えつつある。明治の日本も列強の脅威に晒されながら、国づくりを強いられた。熊本城下に生まれた陸軍士官、石光真清は、忍び寄る帝政ロシアの影を敏感に感じ取り、将来の栄達を捨て「露探」となり、アムール河畔に身を潜めた。『城下の人』『曠野の花』『望郷の歌』『誰のために』の4

スキ
2

手嶋龍一さんが今月買った10冊の本は?

スキ
2