マガジンのカバー画像

文藝春秋digital

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事が読み放題&イベント見放題のサービスで… もっと読む
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュ… もっと詳しく
¥900 / 月
運営しているクリエイター

#同級生

同級生交歓 麻布高等学校 昭和50年卒

人の一生を左右するのは校風か、学歴か、友人か。意外な組み合わせ、納得の顔ぶれが並ぶ“誌上同窓会”。「文藝春秋」の名物グラビア企画です。 東京都港区 麻布学園グラウンドにて(撮影・三宅史郎) (右から) 医療法人社団至髙会理事長 髙瀬義昌 北里大学病院臨床研究部長 海野信也 ビッグローブ元社長 関義幸 上智大学総合人間科学部教授 香取照幸母校麻布学園は1895年創立。「自由な校風」で知られる進学校だが、麻布の「自由」は筋金入りだ。何せ戦争中も軍人教官を拒否し軍事教練を行わな

スキ
4

同級生交歓 早稲田中学校・高等学校 昭和41年卒

人の一生を左右するのは校風か、学歴か、友人か。意外な組み合わせ、納得の顔ぶれが並ぶ“誌上同窓会”。「文藝春秋」の名物グラビア企画です。 東京都新宿区 早稲田中学校・高等学校にて(撮影・志水隆) (右から) 理化学研究所名誉研究員・川崎寺子屋食堂副理事長 神谷勇治 作家・演出家 川崎徹 元作曲家 小泉まさみ 富国生命保険元取締役副社長 山本幹男 大成建設元副社長 谷内正建 東京歯科大学名誉教授・TSF理事長 内山健志 歌舞伎座社長・NLA運動実行委員会理事長 安孫子正早稲田

スキ
1

同級生交歓 東京学芸大学附属世田谷小学校 昭和30年卒

人の一生を左右するのは校風か、学歴か、友人か。意外な組み合わせ、納得の顔ぶれが並ぶ“誌上同窓会”。「文藝春秋」の名物グラビア企画です。 東京都千代田区 早川書房役員室にて(撮影・杉山秀樹) (右から) みずほ銀行常任顧問・元駐英大使 野上義二 早川書房代表取締役社長 早川浩朋友、野上義二とは1949年に東京学芸大学附属世田谷小学校入学の同級生。出席簿が野上、早川の順で毎日点呼されるうちに親しくなった。彼は博覧強記の俊才。70年以上たった今でも覚えているが、2年生で6年生の

スキ
6

同級生交歓 甲陽学院高等学校 昭和53年卒

人の一生を左右するのは校風か、学歴か、友人か。意外な組み合わせ、納得の顔ぶれが並ぶ“誌上同窓会”。「文藝春秋」の名物グラビア企画です。 兵庫県西宮市 ホテルヒューイット甲子園にて(撮影・志水隆) (右から) スペイド代表取締役 乾純 大林組設計本部工事監理部長 関西二期会所属テノール歌手 竹田昌弘 東京大学大学院医学系研究科教授 国立精神・神経医療研究センター神経研究所長 岩坪威 大阪大学未来医療センター特任研究員 田中友希夫我らが母校甲陽学院は、灘五郷の酒造業辰馬家の篤

スキ
6

同級生交歓 京都市立堀川高校 昭和44年卒

人の一生を左右するのは校風か、学歴か、友人か。意外な組み合わせ、納得の顔ぶれが並ぶ“誌上同窓会”。「文藝春秋」の名物グラビア企画です。 京都府京都市 京都市動物園にて(撮影・深野未季) (右から) 京都市長 門川大作 山階鳥類研究所所長・ヤマザキ動物看護大学特任教授 奥野卓司門川君は、京都市立堀川高の同級生。当時はベトナム反戦・学園紛争の真最中で、僕達もその活動に熱中。勉強はしなかったが、本はよく読み、夢を語り合った。 やがて僕は、梅棹忠夫、日高敏隆の動物学、人類学に傾

スキ
6

同級生交歓|香川県立高松高等学校 平成2年卒

人の一生を左右するのは校風か、学歴か、友人か。意外な組み合わせ、納得の顔ぶれが並ぶ“誌上同窓会”。「文藝春秋」の名物グラビア企画です。 東京都千代田区 衆議院議員会館小川氏事務所にて(撮影・杉山秀樹) (右から) 政治ジャーナリスト 鮫島浩 衆議院議員 小川淳也高松高校時代の小川淳也は絵に描いたような優等生。高3の夏まで野球部で甲子園を目指し東大に現役合格するのは、文武両道をめざす地方の公立校でも珍しい。故郷に残った同級生の明子さんと恋愛を育み、伴侶となる人生は模範生その

スキ
8

同級生交歓|開成高校 昭和48年卒

人の一生を左右するのは校風か、学歴か、友人か。意外な組み合わせ、納得の顔ぶれが並ぶ“誌上同窓会”。「文藝春秋」の名物グラビア企画です。 東京都荒川区 開成学園新校舎にて(撮影・山元茂樹) (右から) 三菱製紙元常務 半田常彰 大和ハウス工業副社長 村田誉之 ソニーフィナンシャルホールディングス前社長 石井茂 みずほリース常任顧問 本山博史 開成中学校・高等学校校長 野水勉 築地本願寺宗務長 安永雄玄 新赤坂クリニック副院長 酒井敬介 東京大学名誉教授 月橋文孝 千葉大学予

スキ
8

同級生交歓|立教英国学院 第13期生

人の一生を左右するのは校風か、学歴か、友人か。意外な組み合わせ、納得の顔ぶれが並ぶ“誌上同窓会”。「文藝春秋」の名物グラビア企画です。 東京都豊島区 立教大学池袋キャンパス・ライフスナイダー館にて(撮影・志水隆) (右から) テレビ朝日『報道ステーション』コメンテーター 梶原みずほ rakumo代表取締役社長CEO 御手洗大祐「イギリスの庭」と呼ばれる緑豊かな英国南部にある立教大学系属の全寮制学校。ブルーベルが咲く森の散歩、クリスマスキャロリング、ロンドンでのミュージカル

スキ
4

同級生交歓|福岡県立小倉高等学校 昭和43年卒

人の一生を左右するのは校風か、学歴か、友人か。意外な組み合わせ、納得の顔ぶれが並ぶ“誌上同窓会”。「文藝春秋」の名物グラビア企画です。 東京都千代田区 生命保険協会にて(撮影・杉山秀樹) (右から) 明治安田生命保険特別顧問 松尾憲治 住友生命保険特別顧問 佐藤義雄ビートルズの「ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード」という曲がある。言わずと知れたこの名曲を聴き直すと、人生の様々な場面が思い起こされる。 思い返すと、松尾はブラスバンド部で野球応援に熱中する一方で、私

スキ
5

同級生交歓|埼玉県立本庄高等学校 昭和54年卒

人の一生を左右するのは校風か、学歴か、友人か。意外な組み合わせ、納得の顔ぶれが並ぶ“誌上同窓会”。「文藝春秋」の名物グラビア企画です。 東京都中央区 資生堂パーラー 銀座本店レストランにて(撮影・松本輝一) (右から) 資生堂パーラー前代表取締役社長 鈴木真 早稲田大学教授 中林美恵子今年のお正月には、還暦の大きな同窓会が予定されていたのに、コロナ禍で延期になってしまった。 ミニ同窓会も自粛中だが、いつもは銀座の資生堂パーラー「バー エス」に10人余が集まる。社長で便宜

スキ
6

同級生交歓|久留米工業高等専門学校 昭和52年卒

人の一生を左右するのは校風か、学歴か、友人か。意外な組み合わせ、納得の顔ぶれが並ぶ“誌上同窓会”。「文藝春秋」の名物グラビア企画です。 東京都大田区 安部龍太郎事務所にて(撮影・三宅史郎) (右から) 東京工業大学教授 熊井真次 作家 安部龍太郎 安部龍太郎事務所代表 森敏彦国立久留米工業高等専門学校、略して久留米高専が我らの母校である。高校と短大を合わせたような5年間の一貫教育で、学生のタイプは3つに分れた。無事に卒業してエンジニアとして企業に就職する者、高専では飽き足

スキ
10

同級生交歓――開成高校(平成5年卒)【全文公開】

人の一生を左右するのは校風か、学歴か、友人か。意外な組み合わせ、納得の顔ぶれが並ぶ“誌上同窓会”。「文藝春秋」の名物グラビア企画です。 (右から) 衆議院議員 小林鷹之クリーンプラネット創業者 吉野英樹 東京都荒川区 開成高校にて(撮影・深野未季) 「お前らまた弁当食っているのか? 廊下で立ってろ!」 開成高校時代に机を並べ、授業中の早弁が日常茶飯事だった僕ら。あっという間に、卒業から四半世紀がたった。今でもコバタカ(小林鷹之君)に会うと、弁当を覗き込みたい気分になる。

スキ
2

同級生交歓――神奈川県立小田原高校 (昭和47年卒)【全文公開】

人の一生を左右するのは校風か、学歴か、友人か。意外な組み合わせ、納得の顔ぶれが並ぶ“誌上同窓会”。「文藝春秋」の名物グラビア企画です。 (右から) キリンホールディングス代表取締役社長 磯崎功典医療法人社団博慈会いいぬまクリニック院長 飯沼克博医療法人同愛会小澤病院医師 水川啓子(旧姓小澤)日本証券金融執行役副社長 樋口俊一郎 神奈川県小田原市 小田原高校にて(撮影・山元茂樹)  小田原高等学校は、旧小田原藩の藩校を源流とする歴史ある学校だ。校風はとにかく自由。先生方は

スキ
3

同級生交歓――東海高校(昭和41年入学)【全文公開】

人の一生を左右するのは校風か、学歴か、友人か。意外な組み合わせ、納得の顔ぶれが並ぶ“誌上同窓会”。「文藝春秋」の名物グラビア企画です。 (右から) 宮内庁御用掛・演劇批評家 西ヶ廣渉大阪学院大学教授・中京大学客員教授 多賀敏行  東京都千代田区 文藝春秋本社にて(撮影・深野未季)  多賀とは奇妙な縁があり、名古屋の東海高校で同級生であった。浄土宗に基づく自由な校風である。  当時、僕は扶桑町から一時間かけて通学していたが、松阪出身の多賀は付近の下宿屋の二階に住み、月に

スキ
3