文藝春秋digital

日本医師会はなぜ嫌われるのか|横倉義武

日本医師会はなぜ嫌われるのか|横倉義武

病床確保、ワクチン接種──。コロナ対策の最前線に立つべきだ。/文・横倉義武(日本医師会名誉会長) 横倉氏 国民の強い反発は当然 コロナという「国難」がつづくなか、日本医師会が国民から信頼を失いつつあります。昨年6月まで8年余りにわたり会長を務めた私にとって非常に残念なことですし、責任の一端もあると感じています。 現在、私は地元・福岡県みやま市にある医療法人の理事長を務めていますが、耳に届くのは日本医師会に対する不満ばかりです。大学病院の医師からは「いまの医師会はちょっと

スキ
17
目立つ取り組みには熱心だが……小池百合子東京都知事のコロナ対策を再検証する

目立つ取り組みには熱心だが……小池百合子東京都知事のコロナ対策を再検証する

突然、2倍になった病床数。東京都の数字は信頼できるのか。/文・石戸諭(ノンフィクションライター) <summary> ▶︎小池都知事の姿勢は一貫していた。どうすれば自分がちゃんとやっているように見えるかは、一貫して考えていた ▶︎東京都と国の意地の張り合いによって翻弄されているのは、都民をはじめ、国民 ▶︎小池の発信は、常に「国」「緩み」「若者」と、感染を広げている「誰か」を作り出すことに向けられていた 石戸氏 都知事のパフォーマンスの裏側で 年明け1月2日、東京都知

スキ
12