文藝春秋digital

コロナ禍の保健室に養護教諭の悲鳴が響く――高校生の自殺がなぜ増えているのか?

コロナ禍の保健室に養護教諭の悲鳴が響く――高校生の自殺がなぜ増えているのか?

変わってしまった日常での先行き不安が高校生を追いつめている。/文・秋山千佳(ジャーナリスト) <summary> ▶2月中旬に文科省が示したデータによると、昨年自殺した小中高校生は479人(前年比140人増)で、統計の残る1980年以降で最多となった。そのうち高校生は329人(同92人増)と7割近くを占める ▶コロナ禍で追い詰められる高校生には2つの傾向がある。1つ目の傾向は、家庭不和を抱えた子たち、2つ目の傾向は、もともと情緒が不安定だった子たちだ ▶人と会う機会が制限さ

29
藤井聡太君はすでに棋士として完璧に近い|谷川浩司九段

藤井聡太君はすでに棋士として完璧に近い|谷川浩司九段

「君たち、悔しくないのか」 2018年、第11回朝日杯将棋オープン戦。当時まだ中学生だった藤井聡太五段の優勝を受け、谷川浩司九段(58)は他の参加棋士たちに奮起を促した。 史上最年少の14歳2ヶ月でプロ入りするやいなや、数々の新記録を打ち立ててきた藤井氏。2020年は最年少での二冠(棋聖、王位)を達成し、その快進撃は止まらない。 同じく中学生でデビューし、37年前、21歳2ヶ月にして最年少名人の座を手に入れた谷川氏もまた、若いうちからその絶対的な強さで一時代を築き上げて

28
黙す春|鈴木るりか

黙す春|鈴木るりか

文・鈴木るりか(高校生作家) 朝目覚めた時の気分で、今の自分が幸せかどうかわかると言ったのは誰だったか。確かに日々楽しく、満たされている時は寝覚めも良いが、反対に悲しいことがあったり、悩み事を抱えていたりすると、起きた時点で既に陰鬱だ。今はどうか。布団から亀のように首を出し、枕元の目覚まし時計を見やる。いつもなら学校に行っている時間だ。休校になってから、一度もセットしていないキャラクターの目覚まし時計。幼稚園の時、どうしても欲しくて誕生日に買ってもらった。時間になると「アイ

11
韓国高校生は「反日教育」に反対します!

韓国高校生は「反日教育」に反対します!

 文在寅政権の反日的な挙動が続く中、ソウル市の仁憲(インホン)高校の生徒が、「学校から反日行為を強要された」として抗議するという異例の事態が発生した。同校の生徒150人はソウル市教育庁に「学校の監査」を求める請願書を提出。さらには、生徒らが学校の「反日教育」を批判する会見まで開き、韓国内でも大きな話題となった。  今回、同校3年生で、生徒たちが立ち上げた団体「仁憲高校学生守護連合」の代表である金花浪君とスポークスマンの崔仁鎬君の2人が初めて日本メディアの取材に応じた。「日本

98