マガジンのカバー画像

文藝春秋digital

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事が読み放題&イベント見放題のサービスで… もっと読む
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュ… もっと詳しく
¥900 / 月
運営しているクリエイター

#組織論

『文藝春秋digital』2022年6月ラインナップ

■会員限定イベント●6月8日(水) ・新庄剛志「薬物使用」の過去 抜き打ち検査で「陽性」も、詳細は伏せられ、その年に引退―― 鷲田康(ジャーナリスト)+本誌取材班 ●6月10日(金) ・プーチンが最も殺したい男の告白 M・ホドルコフスキー(オリガルヒ・石油会社「ユコス」元代表)「ウクライナ侵攻は彼の個人的な動機から始まった」 ・「性暴力」私は負けなかった 卜田素代香(仮名)「暴行後『証拠が残るからシャワーを』と男が強いてきました」 ・新連載 外事警察秘録②「日本赤軍との闘い

スキ
8

【フル動画】池上彰×入山章栄「なぜ日本からイーロン・マスクが生まれないのか?」

◆危機の時代を生き抜くリーダーとは文藝春秋digitalは、7月25日(月)20時〜、ジャーナリストの池上彰さんと経営学者の入山章栄さんによるオンライン対談イベント「なぜ日本からイーロン・マスクが生まれないのか?」を開催しました。 《対談フル動画はこのページの下部にあります》 今年5月、池上さんと入山さんは文藝春秋digital上で初対談し、ビジネスだけでなく世界史・軍事・宗教について「探索」と「深化」というキーワードで議論を繰り広げました。 対談2回目となる今回のテー

スキ
8

4/13(水)14:00~|文藝春秋 100周年シリーズ 「DigitalHQ」カンファレンス さよなら組織の「壁」 ‐ ビジネスが「つながる」、行動が「変わる」 ‐ 全社横断コミュニケーション&コラボレーション実現の「リーダーシップ」

♦イベントのポイント企業経営には様々な壁が存在します。成長の壁、組織の壁、文化の壁、不確実性の壁・・・、規模の拡大とともに社員間のコミュニケーションが希薄になり、価値や文化の違いによる意見の対立、情報の行き違いによるトラブルなどに課題を感じているマネジメントも少なくないのではないでしょうか。 営業部門はファイナンス部門と口を聞かない。IT部門、販売部門、技術開発部門も干渉しない。人を分断する「コミュニケーション不全」の壁が存在することで、多くの労力をかけたプロジェクトの恩恵が

スキ
3

「吉本芸人×『何か』が価値を生む。だから辞めない」 しずる村上純の“個人の時代だからこそ所属し続ける”組織論

新型コロナウイルスの感染拡大で、自らの働き方を大きく変化させたしずる村上純さん。noteやVoicyなど新たなサービスを使った活動を積極的におこなっていますが、それらは所属する吉本興業主導のものではないそうです。大手事務所に所属すれば安泰だった時代は変わり、退所して自分の会社をつくる芸能人も増えてきています。しかし村上さんは個人活動を充実させつつも、吉本興業を辞める気はないとのこと。村上さんが分析する、組織に所属するメリットとは。(構成・崎谷実穂) ★前編を読む ◆村上純

スキ
8