文藝春秋digital

ガラケー派のオンライン|柳家喬太郎

ガラケー派のオンライン|柳家喬太郎

文・柳家喬太郎(落語家) PCはおろかスマホも使いこなせない、僕は今どき恥ずかしいくらいのアナログ派で、だから電車の中などで、今だにガラケーを使っている人を見かけると、同志に出会えたようで嬉しくなる。 そんな自分が今はオンラインで落語を喋っているのだから、なんとも皮肉なものである。 新型コロナウイルスの蔓延で、寄席や落語会が軒並み開けなくなった。僕も4月5月のスケジュールは全滅である。貯金を取り崩して食う羽目になったが、こればっかりは仕方がない。殆どの仲間が同じ境遇とな

スキ
10