文藝春秋digital

自粛明けの6月、痛みの紫陽花|夏生さえり

自粛明けの6月、痛みの紫陽花|夏生さえり

■夏生さえり(なつお・さえり) ライター。出版社とWebメディアでの編集者勤務を経て、ライターとして独立。取材・エッセイ・脚本・書籍等、主に女性向けのコンテンツを多く手がける。CHOCOLATE Inc.のプランナーも勤めている。著書に『今日は、自分を甘やかす』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)『揺れる心の真ん中で』(幻冬舎)他。 Twitter:@N908Sa note:saeri908 ★前回はこちら。 ★最初から読む。 実家で飼っている犬は散歩が苦手で、家の前しか

スキ
254