文藝春秋digital

お粗末な「新型コロナ対応」安倍官邸“無能な役人”の罪を舛添要一が糾弾する。

お粗末な「新型コロナ対応」安倍官邸“無能な役人”の罪を舛添要一が糾弾する。

1カ月遅れの初動対応と科学的根拠なき総理の決断。事態を悪化させたすべての元凶は官邸の意向を汲むだけのゴマすり役人だ。彼らに危機管理能力はない!/文・舛添要一(元厚生労働大臣・前東京都知事・国際政治学者) 長期政権の弛緩安倍政権の新型コロナウイルス感染症への対応は、危機の見通しが甘く、初動が完全に遅れました。 私が麻生太郎内閣で厚生労働大臣を務めていた2009年、新型インフルエンザが世界的に流行し、日本でも半年間で国内に100人を超える死者が出ました。当時はメキシコでいきな

スキ
56