マガジンのカバー画像

文藝春秋digital

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事が読み放題&イベント見放題のサービスで… もっと読む
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュ… もっと詳しく
¥900 / 月
運営しているクリエイター

#東浩紀

『文藝春秋digital』2022年6月ラインナップ

■会員限定イベント●6月8日(水) ・新庄剛志「薬物使用」の過去 抜き打ち検査で「陽性」も、詳細は伏せられ、その年に引退―― 鷲田康(ジャーナリスト)+本誌取材班 ●6月10日(金) ・プーチンが最も殺したい男の告白 M・ホドルコフスキー(オリガルヒ・石油会社「ユコス」元代表)「ウクライナ侵攻は彼の個人的な動機から始まった」 ・「性暴力」私は負けなかった 卜田素代香(仮名)「暴行後『証拠が残るからシャワーを』と男が強いてきました」 ・新連載 外事警察秘録②「日本赤軍との闘い

スキ
4

【フル動画】成田悠輔×先崎彰容 「『22世紀の民主主義』に希望はあるか」

◆機能不全に陥った「民主主義」 文藝春秋digitalは、7月8日(火)19時〜、経済学者の成田悠輔さんと、批評家の先崎彰容さんによるオンライン対談イベント「『22世紀の民主主義』に希望はあるか」を開催しました。 《フル動画はページ下部にあります》 7月6日に、成田悠輔さんによる新刊『22世紀の民主主義』が発売されます。成田さんは「若者が選挙に行って『政治参加』したくらいでは日本は何も変わらない」と書き、同書の中で「選挙や政治、そして民主主義というゲームのルール自体をどう

スキ
74

東浩紀×小泉悠 ロシアは絶対悪なのか 国際世論の過熱が核応酬の危機をもたらす

国際世論の過熱が核応酬の危機をもたらす。/東浩紀(批評家・作家)×小泉悠(東京大学先端科学技術研究センター専任講師) 東氏(左)と小泉氏(右) 「人間は昔と変わらず残虐なことをする」 小泉 東さんとお会いするのは僕が東さんの経営するゲンロンカフェにお邪魔したとき以来ですね。あの日はイベントが終わった後に酔っぱらって家に帰れなくなり、夫婦史上最大の危機を迎えました(笑)。 東 あのときは失礼しました。 小泉 それが一昨年の秋のことですが、今にして思えばあの頃は平和だった

スキ
33

東浩紀 ハラリと落合陽一 ―シンギュラリティ批判―

「AIが人類を超える」――。神秘的で夢想的な主張は危険だ。/文・東浩紀(批評家・作家) 東氏 「ドタバタ感」のもつ思想史的な意味 パンデミックは3年目に入った。オミクロン株の流行はいまも進行中だ。 この混乱を後世がどう総括するのか、現時点ではまったく予想がつかない。初期にはこれをきっかけに現代文明は大きく変わるといった言説がメディアを席巻していた。とはいえ、なにごとにせよ当事者は事象を過大評価するものである。終わってみれば意外とあっさりした位置づけになるかもしれない。

スキ
163

【フル動画】東浩紀×小泉悠 対談「ロシアの核と世界秩序のリアリズム」

◆「ロシア」を軍事/思想から考える 文藝春秋digitalは、4月11日(月)19時〜、哲学者の東浩紀さんと東京大学専任講師の小泉悠さんによるオンライン対談イベント「ロシアの核と世界秩序のリアリズム」を開催しました。 《アーカイブ動画はこのページ下部にあります》 今年2月24日、ロシア軍がウクライナへの侵攻を始めました。現在にいたるまで、首都キーウ(キエフ)をはじめ複数の都市への攻撃、戦闘が確認されており、事態は当初の予想を裏切って長期化の様相を呈しています。 国際世論

スキ
132

〈テキスト版〉東浩紀×先崎彰容「2022年の論点」人新世、ポリコレ、新しい資本主義、シラス…

1月17日、批評家の東浩紀さんと先崎彰容さんによる文藝春秋digitalウェビナーでの対談「2022年の論点 人新世、ポリコレ、新しい資本主義、シラス…」が開催されました。 《動画版はこの記事の一番下にあります》 「家族」や「生活」といった身近な言葉を基調としながら、今日的な政治的連帯や、持続可能な組織論、そして東さんが運営する「シラス」というプラットフォームの社会的意義などを論じたオンライン対談のテキスト録を公開します。 先崎:東浩紀さんが作られた人文系配信プラットフ

スキ
37

【ダイジェスト版】東浩紀×先崎彰容「2022年の論点」人新世、ポリコレ、新しい資本主義、シラス…

文藝春秋digitalのオンライン対談イベント「東浩紀×先崎彰容『2022年の論点』人新世、ポリコレ、新しい資本主義、シラス…」が、2022年1月17日に開催されました。 《動画はこの記事のいちばん下にあります》 この日のゲストは、2010年に出版社「ゲンロン」を起業、2020年には放送プラットフォーム「シラス」をローンチし、新しい“知の観客”を創出し続けている哲学者の東浩紀さん。対談のホストを務めたのは、『文藝春秋』2022年2月号に論考「『人新世の〈資本論〉』に異議あ

スキ
19

【フル動画】 《新春オンライン対談》東浩紀×先崎彰容「2022年の論点」人新世、ポリコレ、新しい資本主義、シラス…

◆日本・現代・思想にとって「政治的正しさ」とは何か? 文藝春秋digitalは、1月17日(月)19時〜、批評家の東浩紀さんと先崎彰容さんによるオンライン対談イベント「『2022年の論点』人新世、ポリコレ、新しい資本主義、シラス…」を開催します。 『ゲンロン12』に「訂正可能性の哲学、あるいは新しい公共性について」を発表、2020年10月に放送プラットフォーム「シラス」をローンチし、新しい「知の観客」を創出し続けている東浩紀さんと、『文藝春秋』2022年2月号に論考「『人新

スキ
52

「自由」を制限してもウイルスは消えない——長期的ヴィジョンなき罰則強化は現実逃避だ|東浩紀

「いまは我慢」「罰則強化」で解決するのか? そんな思考は現実逃避だ。/東浩紀(批評家・作家)、取材・構成=石戸諭 <summary> ▶︎福島事故の歴史を踏まえると、今後恐れるべきは政治家に加えて専門家の信用低下だ ▶︎飲食店の営業自粛や罰則は「時間稼ぎ」の手段でしかない。それなのに、今はその時間稼ぎが事故目的化してしまっている ▶︎新型コロナ禍で明らかになったのは、今の日本社会には長期的に考えることが欠如しているという現実だった 東氏 数字を減らすのは時間稼ぎにすぎな

スキ
41