マガジンのカバー画像

文藝春秋digital

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事が読み放題&イベント見放題のサービスで… もっと読む
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュ… もっと詳しく
¥900 / 月
運営しているクリエイター

#愛知県

『文藝春秋digital』2022年6月ラインナップ

■会員限定イベント●6月8日(水) ・新庄剛志「薬物使用」の過去 抜き打ち検査で「陽性」も、詳細は伏せられ、その年に引退―― 鷲田康(ジャーナリスト)+本誌取材班 ●6月10日(金) ・プーチンが最も殺したい男の告白 M・ホドルコフスキー(オリガルヒ・石油会社「ユコス」元代表)「ウクライナ侵攻は彼の個人的な動機から始まった」 ・「性暴力」私は負けなかった 卜田素代香(仮名)「暴行後『証拠が残るからシャワーを』と男が強いてきました」 ・新連載 外事警察秘録②「日本赤軍との闘い

スキ
4

名古屋の実家 フィフィ

著名人が父親との思い出を回顧します。今回の語り手は、フィフィさん(タレント)です。 名古屋の実家数ヶ月前、名古屋の実家を売った。私たち家族が30年以上住んだ家。母はエジプトと日本を行ったり来たりの生活だったので、最後は父だけが独りで住んでいる状態だった。 その父も6年前に他界して、それからはほとんど誰も使っていない状態だった。ただ、外国人が所有している不動産を売る時は、日本の法律ではなく、所有者の国籍の法律に合わせなければいけなくて、これが司法書士さんを苦労させた。エジプ

スキ
10

河村たかし名古屋市長「リコール不正署名疑惑」に答える

「私こそ大村秀章愛知県知事の噓を許さない」 <summary> ▶私はリコール運動を応援したが、不正署名には一切関わっていない ▶私が大村知事のリコール活動を応援したのも、知事の“独断”で、日本人の心を傷つける反日作品の数々を税金を使って展示させたことはリコール(解職)に値する、と考えてのこと ▶リコール活動を始めた経緯について高須院長は、「リコールをしようと言い出したのは河村さんなのに、私が言い出したと嘘をついたことは許せない」と述べているが、これは事実と異なる 河村氏

スキ
7

進次郎大臣は読むべき! 愛知県西尾市長(40)の「夜だけ育休」日記

 小泉進次郎環境大臣(38)の育休取得が、話題になっている。国会審議や大臣としての決裁事務は続けながら、勤務時間の短縮やテレワーク(在宅勤務)を利用し、2週間分の休みを取るという。  男性大臣の育休には賛否両論あるが、組織のトップの例として参考になりそうなのが、小泉大臣と同世代である愛知県西尾市の中村健市長(40)だ。中村市長は昨年の11月と12月、2か月にわたって独自の育休を取得してニュースになった。  昼間は毎日、通常通りに働くが、午後6時以降の公務は取り止め、早めに

スキ
8