マガジンのカバー画像

文藝春秋digital

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事が読み放題&イベント見放題のサービスで… もっと読む
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュ… もっと詳しく
¥900 / 月
運営しているクリエイター

#経営者

『文藝春秋digital』2022年6月ラインナップ

■会員限定イベント●6月8日(水) ・新庄剛志「薬物使用」の過去 抜き打ち検査で「陽性」も、詳細は伏せられ、その年に引退―― 鷲田康(ジャーナリスト)+本誌取材班 ●6月10日(金) ・プーチンが最も殺したい男の告白 M・ホドルコフスキー(オリガルヒ・石油会社「ユコス」元代表)「ウクライナ侵攻は彼の個人的な動機から始まった」 ・「性暴力」私は負けなかった 卜田素代香(仮名)「暴行後『証拠が残るからシャワーを』と男が強いてきました」 ・新連載 外事警察秘録②「日本赤軍との闘い

スキ
8

【インタビュー動画】楠木建「レジェンドの共通点は『商売勘』と『人間洞察』――文藝春秋が伝えた経営者の肉声」

「文藝春秋」5月号での特集「日本企業『復活への道』」に、経営学者・楠木建氏は「文藝春秋が伝えた経営者の肉声」を寄稿されました。松下幸之助、本田宗一郎、小林一三、井深大……日本を代表する経営者たちへのインタビュー記事を総覧しつつ、そこから学び取れる智恵と洞察を楠木さんが25頁に渡って解説しています。 《インタビュー動画(約80分)はこの記事の最下部にあります》 「文藝春秋が伝えた経営者の肉声」目次 「だれが裸で泳いでいたか」 アメリカ頼みを嘆く 本質は簡単には変わらない 1

スキ
5

楠木建 文藝春秋が伝えた経営者の肉声 松下幸之助、本田宗一郎、小林一三、井深大……

松下幸之助、本田宗一郎、小林一三、井深大……。本質を衝く言葉にこめられた知恵と洞察。/文・楠木建(一橋ビジネススクール教授) ※引用文の表記の一部を現代風に改めています。以下同。 楠木氏 「だれが裸で泳いでいたか」「タイムマシン経営」という言葉があります。「未来は偏在している」という前提で、すでに「未来」を実現している国や地域(例えばアメリカのシリコンバレー)に注目する。そこで萌芽している技術や経営手法を先取りし、それを日本に持ってくることによってアービトラージ(差分)

スキ
11

佐治敬三 君臨しつつ統治する 野地秩嘉 100周年記念企画「100年の100人」

40年間、オーナー経営者としてサントリーを成長させた佐治敬三(1919~1999)。ノンフィクション作家の野地秩嘉氏は、過去にインタビューした時のことを今も鮮明に覚えているという。/文・野地秩嘉(ノンフィクション作家) 野地氏 「野地先生、ご本は拝読しています」 会った瞬間、佐治敬三はこう言った。最初の本『キャンティ物語』を出した直後、インタビューする機会に恵まれた。会長室に招かれて「あ、ほんとに読んでる」とわかった。デスクには100冊以上の本が乱雑に積み重なっていて、

スキ
4

ベビー子ども用品専門 西松屋チェーンを26期連続増収に導いた「2・2・6の法則」

家電メーカーの技術者を次々採用、コロナ禍でも好調な「ガラガラ店舗」の秘密。/文・樽谷哲也(ノンフィクション作家) <summary> ▶︎西松屋チェーンは26期連続の増収がほぼ確定している。人口減と少子化の時代にあって、四半世紀以上、売上高が増えつづけている ▶︎西松屋チェーンの「ガラガラ店舗」こそ、チェーンストア経営のモデルのひとつ ▶︎2004年4月に沖縄県に初出店したことで、全都道府県への出店を果たした。2018年12月には1000店突破を達成している 本当に人びと

スキ
8

【次原悦子】わたしのコロナ感染記|私がツイッターで感染を公表した理由

文・次原悦子(サニーサイドアップ代表取締役社長) 「濃厚接触は確認されない」とCOCOAは表示 私の場合、昨年12月30日に味覚嗅覚がないことに気づきました。平熱でしたが、最速で予約の取れた民間の検査業者にPCR検査を申し込み、対応いただけたのが1月2日でした。そして検査キットの受け渡しが、なんと渋谷駅のハチ公前。コロナに感染しているかもしれないのに、人の多い場所に行っていいのかと心配になりました。赤い帽子をかぶったスタッフのかたからキットを受け取り、その場で自分の唾液を入

スキ
3

【佐山展生】わたしのコロナ感染記|少しでも異変を感じたら隔離を

文・佐山展生(スカイマーク株式会社取締役会長) 佐山氏 家庭内感染を防ぐのは難しい 私は昨年末、新型コロナに感染したことで、この病気に対する認識が大きく変わりました。以前は「インフルエンザとの違いはどの程度なのかな」と漠然と考えていましたが、実際に体験するとまったく違う。 新型コロナの感染が拡大した当初から極力会食などはしないようにしていましたし、マスクや手指消毒などの対策を怠っていませんでしたので、感染経路はまず間違いなく家庭内感染でしょう。第2子出産のため一時的に同

スキ
13

世界経済の革命児 フェルディナント・ピエヒ

ジャーナリストの大西康之さんが世界で活躍する“破格の経営者たち”を描く人物評伝シリーズ。今月紹介するのは、フェルディナント・ピエヒ(Ferdinand Karl Piëch、フォルクスワーゲン元会長)です。 Ferdinand Karl Piëch フォルクスワーゲン元会長

スキ
1

丸の内コンフィデンシャル<財界インサイドレポート>

日本の経済の中心地、東京・丸の内。敏腕経済記者たちが“マル秘”財界情報を覆面で執筆する。

LINEは「手のひら金融」で稼ぐ

いまや月に1回以上利用する「月間アクティブユーザー」は8,100万人。LINEは、日本人のほとんどが使うSNSアプリケーションだ。同社は今、金融分野に打って出ようとしている。その舵取りを任されたのが、みずほ銀行出身の齊藤哲彦社長だ。彼が挑む「金融の民主化」とは一体何なのか?/齊藤哲彦(LINE Financial 社長)/聞き手・浪川 攻(金融ジャーナリスト)

スキ
7