文藝春秋digital

世界経済の革命児 フェルディナント・ピエヒ

ジャーナリストの大西康之さんが世界で活躍する“破格の経営者たち”を描く人物評伝シリーズ。今月紹介するのは、フェルディナント・ピエヒ(Ferdinand Karl Piëch、フォルクスワーゲン元会長)です。 Ferdinand Karl Piëch フォルクスワーゲン元会長

丸の内コンフィデンシャル<財界インサイドレポート>

日本の経済の中心地、東京・丸の内。敏腕経済記者たちが“マル秘”財界情報を覆面で執筆する。

LINEは「手のひら金融」で稼ぐ

いまや月に1回以上利用する「月間アクティブユーザー」は8,100万人。LINEは、日本人のほとんどが使うSNSアプリケーションだ。同社は今、金融分野に打って出ようとしている。その舵取りを任されたのが、みずほ銀行出身の齊藤哲彦社長だ。彼が挑む「金融の民主化」とは一体何なのか?/齊藤哲彦(LINE Fi…