文藝春秋digital

詩|黒川隆介

花藤 子どもが大きくなっていくことより 親が小さくなっていくことの方がショックなんだ ハーパーを飲み残したまま そう言って中年男はつぶれた 初めて訪ねた港町の初めて入ったバーで なかば絡まれたようなひと時だったが その一言が聞けた御礼にタクシーまで担いで乗せた 忘れてしまった夜の数だけ…