文藝春秋digital

武田徹の新書時評|過渡期にあるアメリカ

評論家・専修大学教授の武田徹さんが、オススメの新書3冊を紹介します。 この稿が読まれる時には第46代米国大統領が決まっているはずだ。だが、現職トランプ勝利で更に加速度をつけるか、民主党が政権奪還して別方向に切ろうとする舵に抵抗する惰性として残るかの違いこそあれ、米国の現勢がその未来…

武田徹の新書時評|コロナが浮き彫りにした「東京問題」

評論家・専修大学教授の武田徹さんが、オススメの新書3冊を紹介します。 あれは東京問題――、菅義偉首相は官房長官時代に東京都の新型コロナウイルス感染者急増について、23区の保健所を制御できない都庁の問題だと突き放すように述べた。ただ、都の肩を持つわけではないが、人口が集中し、通勤・通…

武田徹の新書時評|元始、新書は実用書だった

評論家・専修大学教授の武田徹さんが、オススメの新書3冊を紹介します。 平塚らいてうの言葉を真似れば、元始、新書は実用書だった。新しい知識が得られて役立つだけではない。一流の専門家が創造活動のノウハウを惜しげもなく伝授してくれる場も主に新書だったのだ。 その代表格が梅棹忠夫『知的生…

武田徹の新書時評――中国はモデルか、反面教師か

評論家・専修大学教授の武田徹さんが、オススメの新書3冊を紹介します。

武田徹の新書時評――食から見る人類史

評論家・専修大学教授の武田徹さんが、オススメの新書3冊を紹介します。