文藝春秋digital

元警察庁幹部が見た「天安門の夜」 中国共産党の「野望と病理」|南隆

元警察庁幹部が見た「天安門の夜」 中国共産党の「野望と病理」|南隆

中国共産党の戦略は、民主派を殲滅した「あの夜」からまったく変わっていない。/文・南隆(コンサルティング会社代表・元内閣官房審議官兼内閣情報調査室審議官) 何が彼らを駆り立てるのか?  香港問題を契機に、中国による人権弾圧の象徴的事件として、32年前に発生した天安門事件の映像が最近よく放映される。当時現場を目撃した者としては、人生で最もアドレナリンが上昇した時期の興奮が嫌でも思い出される。 今でも不思議な光景が目に浮かぶ。天安門広場制圧後も北京飯店前で果敢にシュプレヒコール

スキ
13
いまこそ内政干渉を|藤原正彦「古風堂々」

いまこそ内政干渉を|藤原正彦「古風堂々」

文・藤原正彦(作家・数学者) 先日、コロラド州ボールダーのスーパーで銃乱射があり10名死亡、とのニュースを見て思わず声を上げた。このキングスーパーズは私の住んでいたアパートからほど近い、何度か買物もしたことのある店で、世界的数学者シュミット教授のお宅にお招ばれの時は右折(ガールフレンドのジャンの所に行く時は左折)の目印としていた所でもある。 アメリカが銃乱射の国であることは半世紀も前に耳にしていた。渡米を控えた私に、ペンシルバニア大学数学教室での事件について恩師のⅠ先生が

スキ
15