文藝春秋digital

目黒虐待死事件“結愛ちゃん母”慟哭の手記「夫は本当のことを言っていない……」

目黒虐待死事件“結愛ちゃん母”慟哭の手記「夫は本当のことを言っていない……」

 東京都目黒区のアパートで当時5歳の船戸結愛ちゃんが虐待死した事件からまもなく2年。養父・船戸雄大と妻・優里が保護責任者遺棄致死に問われ、逮捕された。今月7日、優里が手記を出版した。 〈私は「逮捕された」のではなく「逮捕していただいた」のだ〉  夫による壮絶な心理的DVの日々を、はじめて獄中で振り返った。/文・広野真嗣(ノンフィクション作家) 手記を出版した優里〈私は、結愛(ゆあ)をボロボロにした張本人である彼に土下座して謝ればよかったと後悔した。だって私が私でなければ、私

スキ
70
八千草薫さん最後の手記「ちょっとだけ無理をして生きたい」【全文公開】

八千草薫さん最後の手記「ちょっとだけ無理をして生きたい」【全文公開】

10月28日、女優の八千草薫さんがすい臓がんのため亡くなっていたことが分かりました。88歳でした。宝塚歌劇団出身で、数々の映画・ドラマ・舞台で活躍されていた八千草さんは、闘病生活のさなか、「文藝春秋」2019年8月号に最後の手記を寄せていました。文藝春秋が撮影してきた八千草さんの秘蔵写真とともに、その全文を公開します。八千草薫さんのご冥福をお祈り致します。 良い加減に力を抜き、楽に生きる  馬馬虎虎。  今は亡き主人がよく言っていた言葉です。宝塚出身の私がだんだんと映画に

スキ
74