マガジンのカバー画像

文藝春秋digital

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事が読み放題&イベント見放題のサービスで… もっと読む
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュ… もっと詳しく
¥900 / 月
運営しているクリエイター

#阿刀田高

『文藝春秋digital』2022年6月ラインナップ

■会員限定イベント●6月8日(水) ・新庄剛志「薬物使用」の過去 抜き打ち検査で「陽性」も、詳細は伏せられ、その年に引退―― 鷲田康(ジャーナリスト)+本誌取材班 ●6月10日(金) ・プーチンが最も殺したい男の告白 M・ホドルコフスキー(オリガルヒ・石油会社「ユコス」元代表)「ウクライナ侵攻は彼の個人的な動機から始まった」 ・「性暴力」私は負けなかった 卜田素代香(仮名)「暴行後『証拠が残るからシャワーを』と男が強いてきました」 ・新連載 外事警察秘録②「日本赤軍との闘い

スキ
4

ちらし鮨 阿刀田高

著名人が母親との思い出を回顧します。今回の語り手は、阿刀田高さん(作家)です。 ちらし鮨母には孝行らしい孝行をなにもしなかった。人生を省みて痛恨の極みである。 母はこよなく私を愛してくれた。なによりも大切と考えていただろう。ベタベタとかわいがるのではなく、深く愛し、期待し、幸福を願ってくれていたにちがいない。私は5人兄姉の末っ子。高校2年のときに父を失い、兄姉たちはおおむね家を去り、私は大学の文学部に進んだものの、2年生のときに肺結核にかかり、入院生活を余儀なくされていた

スキ
5

浅田次郎さんの菊池寛賞受賞を喜ぶ 阿刀田高「二つの喜び」【全文公開】

阿刀田高氏(作家)  浅田次郎さん、本当におめでとうございます。心からお喜びを申しあげます。  浅田さんはいい人です。わがことのように確かなうれしさを覚えています。  なぜそんなにうれしいのか。やっぱり“良質なエンターテインメントの書き手が日本に実在していること”“津々浦々に伏在している多くの読者に日ごとの楽しみを届けていること”、このすばらしさです。これが高く評価されたことです。長年それを願って来た者としてわがことのように胸が熱くなるのです。  そして、もう1つ

スキ
1