マガジンのカバー画像

文藝春秋digital

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事が読み放題&イベント見放題のサービスで… もっと読む
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュ… もっと詳しく
¥900 / 月
運営しているクリエイター

#平成アンタッチャブル事件簿

『文藝春秋digital』2022年6月ラインナップ

■会員限定イベント●6月8日(水) ・新庄剛志「薬物使用」の過去 抜き打ち検査で「陽性」も、詳細は伏せられ、その年に引退―― 鷲田康(ジャーナリスト)+本誌取材班 ●6月10日(金) ・プーチンが最も殺したい男の告白 M・ホドルコフスキー(オリガルヒ・石油会社「ユコス」元代表)「ウクライナ侵攻は彼の個人的な動機から始まった」 ・「性暴力」私は負けなかった 卜田素代香(仮名)「暴行後『証拠が残るからシャワーを』と男が強いてきました」 ・新連載 外事警察秘録②「日本赤軍との闘い

スキ
4

【フル動画】猟奇的犯行の「島根女子大生殺人」遺体発見2日後に真犯人が事故死したのはなぜか?《小野一光×石戸諭オンライン生対談》

◆知られざる事件の〈裏側〉に迫る文藝春秋digitalは、1月24日(月)19時から、ノンフィクションライターである小野一光さん、石戸諭さんのお二人によるオンライン対談イベント「猟奇的犯行の『島根女子大生殺人』遺体発見2日後に真犯人が事故死したのはなぜか?」を開催します。 数々の事件の〈裏側〉を入念に取材してきた小野一光さん。そんな小野さんが2021年に取材したなかで最も印象的だったのは、島根女子大生殺人事件(2009年)、福岡一家4人殺人事件(2003年)の元死刑囚と養子

スキ
8

【住銀支店長射殺】額に撃ち込まれた「闇社会の警告」

バブル崩壊で生じた多額の不良債権が社会問題となった90年代前半、企業幹部が狙われる事件が多発した。なかでも社会へ大きなインパクトを与えたのが、住友銀行名古屋支店長の射殺事件だ。犯罪映画のような凶行に世間は震えあがった。/文・尾島正洋(ノンフィクションライター) 銀行支店長が自宅で射殺された 平成の時代に入って6年目の1994年9月14日朝、名古屋市千種区で住友銀行(現・三井住友銀行)名古屋支店長、畑中和文(54)が自宅マンションの玄関前で射殺されるという衝撃的な事件が発生し

スキ
17

【島根女子大生殺人】33歳真犯人は遺体発見2日後になぜ死んだのか

被疑者死亡で不起訴——。 2009年10月26日に発生した「島根女子大生殺人事件」は、7年後、不透明な結末を迎え、真相究明は叶わなかった。なぜ警察の捜査は難航したのか。犯人が死亡した背景には何があったのか。 事件発生時から現地取材をつづけるノンフィクションライターの小野一光氏が検証する。 「島根女子大生殺人事件」を検証する 事件当日、島根県立大学1年生の平岡都さん(当時19)の姿は、アルバイト先であるショッピングセンター内のアイスクリーム店にあった。営業を終了した午後9

スキ
77

【世田谷一家殺人】未解決事件理事官・大峯泰廣が語る「真犯人」

2000年12月30日深夜。東京・世田谷にある祖師谷公園に隣接する宮澤みきおさん(当時44)宅に何者かが侵入し、幼い子供2人を含む一家4人を殺害した。世間を震撼させた「世田谷一家殺人事件」である。のべ約28万人の捜査員が投入されたが、捜査は難航し、犯人逮捕には至っていない。 大峯氏は2005年から警視庁捜査一課の「未解決担当理事官」として、この事件の捜査を指揮した。「東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件」の宮﨑勤や「ロス疑惑」の三浦和義など数多くの犯罪者と対峙してきた“伝説の刑事

スキ
11

【日産ゴーン】レバノン逃亡「検察との死闘」

「何でもありなのか」とゴーンは言った。/文・西崎伸彦(ジャーナリスト) <summary> ▶︎ゴーン事件を紐解くと、独裁者と化していたゴーン氏の強欲な姿だけでなく、権力闘争渦巻く日産の内情や検察当局の異例の捜査が浮かび上がってくる ▶︎日産内部の告発から始まった極秘調査の動機は、必ずしも正義感だけではなかった ▶︎ゴーン氏と検察との水面下の攻防は、今もまだ続いている 初めから異例尽くめの事件 保釈中にレバノンに無断出国し、世界中を驚愕させた“世紀の大脱走”から約1年5カ

スキ
6

【神戸連続児童殺傷】「少年A」の犯行を確信したとき——遺体発見当日から捜査線上に浮上していた

1997年6月28日、逮捕直後の記者会見。兵庫県警捜査一課長、山下征士氏(82)が明かした被疑者の“素性”に日本中が戦慄した。 「被疑者は、神戸市須磨区居住の中学3年生『A少年』、男性14歳です」 「酒鬼薔薇聖斗」と自ら名乗っていた被疑者は、この時から「少年A」と呼ばれることとなる。 捜査一課長として捜査を指揮した山下氏が、「少年A」逮捕に至るまでの過程を振り返った。/文・山下征士(元兵庫県警捜査一課長) 「少年A」逮捕の過程当時、私が住んでいた兵庫県警の公舎にある電

スキ
19

【地下鉄サリン】第一印象は「真面目な研究者」だった——オウム死刑囚との「化学式」問答

14人の命を奪い、被害者が6000人を超えたオウム真理教による地下鉄サリン事件。難航を極めた警察捜査の最重要ポイントは、猛毒の化学兵器を教団が生成したと証明することだった。当時、科捜研の研究員だった服藤氏が捜査秘話を明かす。/文・服藤恵三(警視庁元科学捜査官) 服藤氏 科捜研の捜査秘話「急いで頼みます」 その捜査員が、警視庁科学捜査研究所(科捜研)に駆け込んできたのは、1995年3月20日月曜日の朝9時5分頃でした。 「築地駅構内に停車中の、車両床面の液体を拭き取った

スキ
12

【相模原45人殺傷】植松聖の「優生思想」を生んだもの

なぜ彼は障害者を全否定するのか。/文・渡辺一史(ノンフィクションライター) <summary> ▶︎事件の1年ほど前から急速に植松は、「世界を裏側から牛耳っているのは、イルミナティという秘密結社の存在である」という、いわば“陰謀論”に感化されていった ▶︎植松が、「障害者なんて、いらなくね?」と口に出していうようになったのは、2015年6月頃。ドナルド・トランプ氏が大統領選に出馬表明した時期と一致する ▶︎「植松は職場で冷遇され、居場所を失っていたのではないか。そして彼の怒

スキ
29

【紀州のドン・ファン怪死】妻の緊急逮捕と泥沼化する「十三億円遺言書」係争

紀伊半島南西部に位置する和歌山県第2の都市・田辺市。貸金業を営む資産家の野﨑幸助氏が怪死したのは、2018年5月24日のことだ。享年77。好色家を自任し、伝説上のプレイボーイになぞらえて「紀州のドン・ファン」の自叙伝もある野﨑氏は、その晩、自宅2階の寝室のソファで、全裸のまま事切れていた。その体内からは致死量を超える覚醒剤成分が検出され、和歌山県警は、ただちに捜査を開始する。 そして事件から約3年後の4月28日、事態は急展開を迎える。和歌山県警は、殺人と覚醒剤取締法違反の疑い

スキ
7