マガジンのカバー画像

文藝春秋digital

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事が読み放題&イベント見放題のサービスで… もっと読む
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュ… もっと詳しく
¥900 / 月
運営しているクリエイター

#萩本欽一

『文藝春秋digital』2022年6月ラインナップ

■会員限定イベント●6月8日(水) ・新庄剛志「薬物使用」の過去 抜き打ち検査で「陽性」も、詳細は伏せられ、その年に引退―― 鷲田康(ジャーナリスト)+本誌取材班 ●6月10日(金) ・プーチンが最も殺したい男の告白 M・ホドルコフスキー(オリガルヒ・石油会社「ユコス」元代表)「ウクライナ侵攻は彼の個人的な動機から始まった」 ・「性暴力」私は負けなかった 卜田素代香(仮名)「暴行後『証拠が残るからシャワーを』と男が強いてきました」 ・新連載 外事警察秘録②「日本赤軍との闘い

スキ
4

不思議な言葉 萩本欽一

著名人が母親との思い出を回顧します。今回の語り手は、萩本欽一さん(コメディアン)です。 不思議な言葉僕のお母ちゃんは、昔では珍しい女学校出。そして箱入り娘だった。オヤジは小学校しか出ていないから、2人の結婚にお母ちゃんの両親は大反対。でも、「せっかく私のことを好きだって言ってくれているんだから」と言って、オヤジと一緒になったそうです。 心地よい、不思議な言葉を持った人でね。僕が子供の頃から、褒められると思ったら、褒めない。怒られると思ったら、怒らないんだ。全く逆になっちゃ

スキ
7

“生涯現役の2人”田原総一朗・萩本欽一が語る。バカになれば人生の運は開ける!

人生100年時代の面白い生き方とは、何だろうか。今も「朝まで生テレビ!」など現役で活躍するジャーナリストの田原総一朗さんと、73歳で駒澤大学仏教学部に入学したコメディアンの萩本欽一さんが一緒に考えてみた。生涯現役の2人による「人生論」「仕事論」とは。 日本の若者よ、“バカ”になれ!田原 萩本さんとは2019年3月に、BS朝日の番組『田原総一朗の全力疾走スペシャル』でご一緒させていただいて。お会いするのは今回が2回目ですね。 萩本 あれは嬉しかったなあ。だって、僕は田原さん

スキ
16