文藝春秋digital

詩|新川和江

詩|新川和江

田舎の月 わたしの郷里ではわけても十五夜、 よそでは見られぬ大きな大きな月がのぼる。 子供たちは藁鉄砲を持ち ――大麦小麦、三角畠の蕎麦(そば)あたれ と唱えながら 農家の庭先の土を打って回る。 穀物や蔬菜(そさい)を育ててくれた土へのお礼と 子供ながらに来年の収穫への願いをこめて……。 すると天からも声がして、 「よしよし わしも見守ってあげるよ」と、 こうこうと光を増した月が村の真上に降りてくるのです。 (2020年9月号)

スキ
6