文藝春秋digital

コロナ禍で「安倍・菅」の亀裂を突く小池百合子

コロナ禍で「安倍・菅」の亀裂を突く小池百合子

安倍首相が苦境に立たされているタイミングを見計ったように官邸に乗り込んだ小池都知事。休戦協定を結んで都知事選への布石を打った。そして小池都知事は暗闘を続けてきた菅官房長官への恨みを晴らそうと動き出す。/文・赤坂太郎 今井を通じて安倍と通じる「危機管理の要諦は最初に大きく構えて、そこから状況が良くなると逆に緩和していく。様子を見てから広げるのではなく、最初に広げて段々縮めていく」 4月10日。東京都知事の小池百合子は新型コロナウイルスの感染拡大の防止に向け、5月6日まで休業

スキ
22
「ふるさと納税争奪戦」が地方をつぶす!

「ふるさと納税争奪戦」が地方をつぶす!

豊富な返礼品と節税効果で人気のふるさと納税。だが今、その存在が揺らいでいる。寄付額は増加の一途をたどる一方で、「宅配クライシス」で返礼品が送れないのだ。その実態とは?/文・大西康之(ジャーナリスト) ソフトクリームだけで1億5000万円超 いま、「ふるさと納税」が揺らいでいる。2008年の制度開始以来、寄付額は増加を続け、2018年度には5100億円の寄付金が集まる巨大市場となった。努力次第で、人口わずか2000人程度の町であっても1億円単位の寄付金を集めることができるのが

スキ
6