文藝春秋digital

シャンシャン誕生秘話|土居利光

シャンシャン誕生秘話|土居利光

文・土居利光(前上野動物園園長・日本パンダ保護協会会長) 「いつ頃生まれますか?」 園長の自宅前に記者が張り込むことなど、パンダ以外にありえません。以前は、誕生直前、スクープを狙おうと私の家の前にも記者が立つことがありました。でもシャンシャン誕生当日、私は中国の成都に出張中で、記者に囲まれることはありませんでした。 忘れもしない2017年6月12日、電話口から聞こえたのは、「無事、生まれました!」という弾んだ声。上野に、5年ぶりにパンダの小さな命が誕生したという報せでし

スキ
4
謝謝! シャンシャン 〜上野で過ごした3年半の足跡

謝謝! シャンシャン 〜上野で過ごした3年半の足跡

シャンシャンはおてんばな女の子 上野が待望の赤ちゃんパンダ誕生に沸いたのは、今から3年前の2017 年6月。同年12月に一般公開されると、その愛くるしい姿を一目見ようと連日多くの人が詰めかけたが、実は2011年から毎日、会社勤めの傍ら上野動物園に通い、両親であるシンシン(母)、リーリー(父)の姿をカメラに収めている人物がいた。高氏貴博さん(42)だ。 「1日に、2000から3000枚連写します。見返すだけで1時間以上かかりますが、目の開き具合や笹の位置なんかで表情が全然違う

スキ
13