文藝春秋digital

向田邦子に招かれて|合津直枝

向田邦子に招かれて|合津直枝

文・合津直枝(向田邦子没後40年特別イベント総合プロデューサー) お正月の楽しみといえば、「向田邦子新春ドラマ」だった時期がある。向田が亡くなったのち1985年から十数年間、向田エッセイを原作とした久世光彦演出のスペシャルドラマは、お正月に欠かせないごちそうであった。小林亜星によるテーマ曲「過ぎ去りし日々」と黒柳徹子のナレーション、そして加藤治子の“ニッポンのおかあさん”がいた。太平洋戦争を挟んで、貧しくとも心豊かな昭和にしっとりと浸り、ありし日の麗しい家族の姿を堪能したも

スキ
14
ガラケー派のオンライン|柳家喬太郎

ガラケー派のオンライン|柳家喬太郎

文・柳家喬太郎(落語家) PCはおろかスマホも使いこなせない、僕は今どき恥ずかしいくらいのアナログ派で、だから電車の中などで、今だにガラケーを使っている人を見かけると、同志に出会えたようで嬉しくなる。 そんな自分が今はオンラインで落語を喋っているのだから、なんとも皮肉なものである。 新型コロナウイルスの蔓延で、寄席や落語会が軒並み開けなくなった。僕も4月5月のスケジュールは全滅である。貯金を取り崩して食う羽目になったが、こればっかりは仕方がない。殆どの仲間が同じ境遇とな

スキ
10