文藝春秋digital

数字の科学 昨季メジャーリーグの本塁打数|佐藤健太郎

数字の科学 昨季メジャーリーグの本塁打数|佐藤健太郎

サイエンスライターの佐藤健太郎氏が世の中に存在する様々な「数字」のヒミツを分析します。 今回の数字:昨季メジャーリーグの本塁打数=6776本 以前の本連載で、データ解析が米国の野球界に革命をもたらしていると書いた。その目に見える最も大きな変化が、大胆な守備位置の変更だ。打者の過去の打撃データに従って、遊撃手を2塁の右側で守らせたり、2塁手を外野まで下がらせたりなど、大きく守備位置をシフトさせるのだ。これによって、かつてであれば当然ヒットになった打球が、内野ゴロとして処理さ

6
AIは人の知能を凌駕した時、核兵器以上に厄介になる / マックス・テグマーク(『LIFE3.0』)

AIは人の知能を凌駕した時、核兵器以上に厄介になる / マックス・テグマーク(『LIFE3.0』)

MIT教授で理論物理学者のマックス・テグマーク氏(52)がAIの安全性を研究するべく「生命の未来研究所」を設立したのが2014年。その3年後の2017年に出版した『LIFE 3.0』(紀伊國屋書店)はAIと人間の共存をテーマに未来の様々な可能性を探り、全米でベストセラーとなった。スティーブン・ホーキングは生前「この時代の最も重要な議論に参加したければ、テグマークの示唆に富む本を読めばいい」と同書を賞賛。AI時代の可能性を追求するテグマーク氏に「AIと人類の未来」を聞いた。/取

17