文藝春秋digital

目・耳・口|愛でて、味わって。全国の逸品たち
+6

目・耳・口|愛でて、味わって。全国の逸品たち

栗の名産地から届けられる 秋の滋味を炊き込んだおこわ 栗の名産地として知られる東美濃地域のブランド栗・恵那栗を使用した『恵那栗おこわ 冷凍』(280グラム、680円)が今年もお目見えした。毎年9月から翌年の1月頃までの期間限定で発売されるこのおこわは、国産もち米と恵那栗をふっくらと蒸し上げ急速冷凍したもの。粒栗のホクホク感と自然な甘み、もち米のふくよかな香りをそのまま閉じ込めたかのような滋味溢れる味わいは、まさに秋の里山のご馳走だ。おこわを販売している恵那川上屋は、栗きんと

スキ
7
目・耳・口|愛でて、味わって。全国の逸品たち

目・耳・口|愛でて、味わって。全国の逸品たち

暑い日にツルっと食べたい カボスが香る別府の冷麺 別府で昭和20年代から愛され続けている別府冷。市内の専門店、一休の泪はミシュランにも選ばれた実力店で、昔ながらの押し出し製法で麺を毎日製造している。麺はもっちりとしたコシがあり喉ごし滑らか。枕崎のカツオや羅臼昆布、牛骨からだしを取った澄んだ味わいながらもコク深いスープと相性抜群だ。特製のかぼすこしょうを加えると爽やかな香りと辛味が重なってまた違った味に変化し、最後まで飽きずに飲み干せる。竹籠入りの『別府冷ギフト4食セット』(

スキ
10