文藝春秋digital

「英語教育」が国を滅ぼす! / 藤原正彦

「英語教育」が国を滅ぼす! / 藤原正彦

来年度から導入予定だった英語民間試験が4年以上延期となり、教育界に激震が走った。さらに12月17日には、国語・数学の記述式についても延期することが発表された。この国の教育はどこへ向かうのか。筆者は、こう断言する。「大学入試改革は産業界主導の愚民化政策である」と――。/文・藤原正彦(作家・数学者) 公平な入試をすると不公平な結果を生む  令和元年11月1日、教育界に激震が走った。来年度から導入予定だった英語民間試験が、4年以上延期となったからである。そのための準備をしてきた

スキ
15