文藝春秋digital

腰痛探検家 コロナ禍篇|高野秀行

腰痛探検家 コロナ禍篇|高野秀行

文・高野秀行(作家) エンドレスで続くコロナ禍で腰痛に苦しむ人が増えていると聞く。リモートワークのおかげで、極端な運動不足になったり、自宅にちゃんとしたデスクと椅子がないままパソコン仕事をしたりするかららしい。 かくいう私も三十数年来の腰痛持ちである。一時期は寝ても起きてもいられないほど痛み、整形外科からカイロプラクティック、鍼灸、リハビリ療法の一種であるPNF、謎のカリスマ治療師、心療内科、超能力(治療師が額からビームを出す)まで、ありとあらゆる治療にすがった。腰痛世界

スキ
14
「コロナ太り解消」の第一歩はストレッチ!|中野ジェームズ修一

「コロナ太り解消」の第一歩はストレッチ!|中野ジェームズ修一

ストレッチで体を動かす楽しみを知ろう。/文・中野ジェームズ修一(フィジカルトレーナー) <summary> ▶コロナ発生から1年が経った今、人々の体に何が起きてきたか。実は体調不良を感じる人が増えてきた ▶筋肉量が減りやすい下半身の筋トレを本当はやって欲しいが、運動経験がない方にとってはハードルが高い。そこでおすすめしたいのがストレッチ ▶ストレッチで疲れを感じにくい体を手に入れたら、ぜひ運動へと駒を進めよう 中野さん 通勤に運動効果があったが 新型コロナウィルスによ

スキ
9