文藝春秋digital

短歌|寺田信子

短歌|寺田信子

薔薇を仰ぐ壁面に薔薇を咲かせるお宅から束でいただく今年二度目の この町のばらの名所のような家自転車止めて仰ぐ人あり からくりの玩具のように足動く子犬に会えり人に連れられ 西からの直射日光に照らされて主を待つか自転車の群 涸びたる花びら指で払いやる散るのが苦手なゼラニウムの花 ひな子という同級生ありしこうして健在ならばやっぱり米寿 お釣り貰い帰りかけるを止められて肉の包みをぬっと渡さる

スキ
7