マガジンのカバー画像

文藝春秋digital

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事が読み放題&イベント見放題のサービスで… もっと読む
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュ… もっと詳しく
¥900 / 月
運営しているクリエイター

#ビジネス

『文藝春秋digital』2022年6月ラインナップ

■会員限定イベント●6月8日(水) ・新庄剛志「薬物使用」の過去 抜き打ち検査で「陽性」も、詳細は伏せられ、その年に引退―― 鷲田康(ジャーナリスト)+本誌取材班 ●6月10日(金) ・プーチンが最も殺したい男の告白 M・ホドルコフスキー(オリガルヒ・石油会社「ユコス」元代表)「ウクライナ侵攻は彼の個人的な動機から始まった」 ・「性暴力」私は負けなかった 卜田素代香(仮名)「暴行後『証拠が残るからシャワーを』と男が強いてきました」 ・新連載 外事警察秘録②「日本赤軍との闘い

スキ
8

丸の内コンフィデンシャル みずほGのラスプーチン、メルカリの正念場、パソナ竹中平蔵の会長退任、ユニバーサル創業者の逆襲

日本の経済の中心地、東京・丸の内。敏腕経済記者たちが“マル秘”財界情報を覆面で執筆する。 ★ラスプーチンの改革手法みずほで「ラスプーチン」と恐れられる人物がいる。持株会社みずほフィナンシャルグループ(FG、木原正裕社長)の上ノ山信宏取締役兼執行役人事グループ長だ。 奇怪な風貌で知られた怪僧ラスプーチンとは違って、上ノ山氏はバンカー然とした紳士。その立ち居振る舞いや権力掌握術が「ラスプーチン」を彷彿とさせるという。 東大工学部出身の同氏は、1991年に旧日本興業銀行に入行

スキ
7

丸の内コンフィデンシャル「みずほ、SBI、地銀、三菱ケミカル…」

日本の経済の中心地、東京・丸の内。敏腕経済記者たちが“マル秘”財界情報を覆面で執筆する。 ★社外取は責任なし?2021年2月から9月にかけて8度もシステム障害を起こしたみずほフィナンシャルグループ(FG)で佐藤康博会長、坂井辰史社長、傘下にあるみずほ銀行の藤原弘治頭取の退陣が決まった。 不思議なのはFGの後任社長人事が発表されていないこと。それだけ社内が混乱しているともいえるが、「ガバナンス不全を黙認した社外取締役が後任を選んで良いのか」(金融庁関係者)との主張が人選を遅

スキ
6

丸の内コンフィデンシャル〈財界インサイドレポート〉

日本の経済の中心地、東京・丸の内。敏腕経済記者たちが“マル秘”財界情報を覆面で執筆する。 ★白馬の騎士が現れてもネット金融大手のSBIホールディングス(HD、北尾吉孝社長)から事前協議なしで一方的にTOB(株式公開買い付け)を仕掛けられた新生銀行(工藤英之社長)。SBI以外の株主に新株を無償配布してSBIの影響力を殺ぐ「有事型」と呼ばれる買収防衛策の導入を決議するなど抵抗戦に打って出た。 ただ防衛策発動には11月にも開催される臨時株主総会での過半数の賛同が必要となる。TO

スキ
4

アップルとかく戦えり 杉本和行(前公取委員長)

高すぎる「アップル税」に日本がメスを入れた。/文・杉本和行(前公取委員長) 杉本氏 巨大プラットフォームとどう向き合っていくのか米アップルは9月1日、日本の公正取引委員会による調査を受けて、2022年に全世界で規約の一部を変更することを発表しました。書籍や音楽、動画などのコンテンツを閲覧する「リーダーアプリ」について、15~30%の配信手数料を回避できるようになる規約変更をアップルが申し出たのです。「異例の譲歩」という報道もありました。 iPhoneなどで使うアプリは、

スキ
13

夏野剛とは何者か KADOKAWA社長「差別発言」の真意とは?

「とにかく口が悪いって!?」9月24日、東京・東銀座のドワンゴ本社の会議室。ポケットチーフを挿した紺色のジャケットに細身のジーンズというカジュアルな装いで夏野剛氏(56)は颯爽と現れた。席に着くなり、こちらに逆質問を投げかけてくる。 「僕のこと、取材してみてどうですか。悪の巣窟でしたか(笑)。一度も会ったことがない人が僕のことを取材したらどう見えるんだろうなあ。とにかく口が悪いって!? どうしてそう言われるんですかね……」 8月23日、夏野氏は、政府の「規制改革推進会議」

スキ
29

丸の内コンフィデンシャル〈財界インサイドレポート〉

日本の経済の中心地、東京・丸の内。敏腕経済記者たちが“マル秘”財界情報を覆面で執筆する。 ★みずほにつけるクスリ「最早、坂井社長の辞任は避けられないのでは」。金融関係者らの間ではこんな見方が大勢になりつつある。 今年に入って6回ものシステム障害を連発させたみずほフィナンシャルグループ(FG、坂井辰史社長)。2月に発生した最初の障害では全国5395台のATMのうち7割強が最長約30時間にわたってダウン。5度目となった8月20日のトラブルでは傘下のみずほ銀行とみずほ信託銀行の

スキ
2

「過去の箱」と「未来の箱」——ベテランと若手が対話するために|荒木博行

文・荒木博行(あらき ひろゆき) 株式会社学びデザイン 代表取締役社長 株式会社フライヤー アドバイザー兼エバンジェリスト 株式会社ニューズピックス NewsPicksエバンジェリスト 武蔵野大学アントレプレナーシップ研究所 客員研究員 株式会社絵本ナビ 社外監査役 住友商事、グロービス(経営大学院副研究科長)を経て現職。著書に『藁を手に旅に出よう』(文藝春秋)、『見るだけでわかる! ビジネス書図鑑』、『見るだけでわかる!ビジネス書図鑑 これからの教養編』(ディスカヴァー・ト

スキ
10

日本郵政公社の初代総裁が激白「日本郵政に『経営者』はいない」

手続き上のミスか、あるいは国民を騙すかたちだったのか。いずれにしても、こんな悪質な契約を結ばせるなど言語道断。ありえない。猛省し、今こそ郵政民営化の理念を思い出せ/文・生田正治(日本郵政公社初代総裁)

スキ
6

『ファクトフルネス』著者が教える世界を正しく見る方法

ビル・ゲイツやバラク・オバマが激賞した本がある。世界で100万部を超えるベストセラーとなった『ファクトフルネス』だ。著者のハンス・ロスリング(故人)は言う。我々は世界を正しく掴めていない。チンパンジーに負けている--と。正しいデータを基に世界を正しく理解するための方法を、本書の共同著者であるハンスの義理の娘が教えてくれた。/A・R・ロンランド(『ファクトフルネス』共著者)/取材&構成・田邊雅之(ノンフィクションライター)

スキ
10

ヤマト社長が「第2の創業宣言」日本の配送網を立て直す

ヤマト運輸のアルバイトから叩き上げで遂に社長にまで登りつめた長尾裕さん。「物流は『経済そのもの』。無限の可能性を秘めている」と語るが、この先にどんな未来を描いているのか?/文・長尾裕(ヤマトホールディングス社長)

スキ
1