文藝春秋digital

俳句|日下野由季

銀漢短夜の背丈違へて姉弟 銀漢や産み終へてわれ身ふたつに 遠花火胸の高さに子を抱きて 揺れてゐるのは揺籃かペガサスか 上の子が寝れば下の子起きて秋 いなびかり注射の腕持ち歩く 秋澄むや星のごとくに人と人

スキ
5