文藝春秋digital

2
記事

スターは楽し「シャーリーズ・セロン」――芝山幹郎

喧嘩なら無敵の美女 シャーリーズ・セロン  あれは眼をみはるような景観だった。  空間も凄いが、肉体も凄い。どちらも張り合って譲らず、むしろ互...

スターは楽し「クラウディア・カルディナーレ」――芝山幹郎

肝の据わった野生の花  私が高校生だったころ、ラジオからは『ブーベの恋人』(1963)の主題曲がひっきりなしに流れていた。大抵は映画のサウンドトラ...