文藝春秋digital

コロナ下で読んだ「わたしのベスト3」 今後の「生き方」を考える|本上まなみ

コロナ禍で手に取った本は、人生、生き方について書かれているものが多かった印象があります。 『なぜ、生きているのかと考えてみるのが今かもしれない』。国によって対応の仕方も千差万別だった第1波。国内状況と比較するため海外の情報を知りたくてネットで調べるうちに、著者のサイトに。ロックダ…

米倉涼子の“先回りしない”人生論 「私、挑戦をやめられないので」

news zeroメインキャスターの有働さんが“時代を作った人たち”の本音に迫る対談企画「有働由美子のマイフェアパーソン」。今回のゲストは女優の米倉涼子さんです。 <この記事のポイント> ▶︎米倉さんは今年4月に27年間所属した事務所から独立してフリーランスに ▶︎面倒見のいい姉御肌のイメージ…

蒔田彩珠・野生動物の匂いをまとう天才女優|河瀨直美

カンヌ国際映画祭をはじめ世界各国で高い評価をうける河瀨直美監督。そんな彼女が「世界的な才能」と絶賛するのは18歳の新進女優だ。 河瀨氏(映画監督) Photographed by LESLIE KEE 是枝作品の常連 野生動物のような演じ手に出会った――というのが、映画監督としての私の実感です。 2018年、映…

スターは楽し アルレッティ|芝山幹郎

だれのものでもない彼女 1990年前後、一世を風靡した大女優が相次いで逝去した時期があった。 ベティ・デイヴィスが89年、グレタ・ガルボが90年、そしてマレーネ・ディートリッヒとアルレッティが92年。長寿を全うした人々ばかりだが、19世紀生まれはアルレッティひとりだ。 そんな年齢だったのか、…

クイズ「私は誰でしょう?」小さな大物

【ヒント】 バレリーナ史上最大規模の引退公演を行い、女優に転身した人物といえば? 皆さん、分かりましたか? 答えは…… ◆草刈民代 1965年5月10日生まれ 女優 「もう、学校をやめたら?」 父の一言で、大好きなバレエの道を究める覚悟を決めた。 「8歳でバレエを始めた頃から『踊りのプ…

スターは楽し「シャーリーズ・セロン」――芝山幹郎

喧嘩なら無敵の美女 シャーリーズ・セロン  あれは眼をみはるような景観だった。  空間も凄いが、肉体も凄い。どちらも張り合って譲らず、むしろ互いに支え合って画面にポエジーをみなぎらせる。耳に馴染まぬ言い方かもしれないが、この映画のポエジーは、漂ったり浮かんだりするのではなく、一気…

スターは楽し「クラウディア・カルディナーレ」――芝山幹郎

肝の据わった野生の花