文藝春秋digital

【分科会メンバー特別寄稿】なぜ感染爆発は起きたのか? 「コロナ第3波“失敗の本質”」5つのポイント

【分科会メンバー特別寄稿】なぜ感染爆発は起きたのか? 「コロナ第3波“失敗の本質”」5つのポイント

昨年11月後半の約10日間、菅首相には挽回するチャンスがあった。なぜそれができなかったのか。分科会メンバーが振り返る「コロナ第3波」失敗の教訓とは。/文・小林慶一郎(東京財団政策研究所研究主幹) <summary> ▶「GoTo」継続には政府内の深刻な情報ミスマッチがあった ▶緊急事態宣言は「出さない」が暗黙の了解になっていた ▶︎対策のリーダーは菅首相?分科会?厚労省?「司令塔」はあいまいだった 小林氏 (1) 第3波の失敗から何を学ぶか 第3波の始まりは今でもよく

スキ
41