文藝春秋digital

短歌|野口あや子

水煙草 見つめたるのちのあなたの目のゆらぎ 風に混じるがごとく光って 水煙草ゆっくり吸って吐き出せばうすもののごとたゆたう煙 クッションをいくつも積んで膝頭緩めて語る小説のこと ココナッツの炭をトングで返すときの短く切った爪のセクシャル ロングシャツ揺らがせなびかせ揺蕩わせまだど…